中京・元謙太選手は3安打も5失点で敗戦、プロ志望表明「野手で勝負」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

中京の元謙太選手は、岐阜県高校野球大会の決勝を戦い、投げては10回を完投し、打っても3安打を記録した。

5球団視察

この日は3番バッターとして4打数3安打、苦しい打撃でもしっかりとヒットにするなど、振り切った打撃で結果を残した。

この日は投手がメインだったが、2点をリードして迎えた9回1アウト1塁の場面で同点弾を浴びたが、タイブレークの延長10回も三振と併殺で無失点に抑えた。11回に1点を失い、味方が0点で抑えられ5-6で敗れたが、「100%の力を出し切ったと言いたいし、完全燃焼できた」と話した。

この日の131球の熱闘で投手に区切りをつける。試合後に「指名していただけるならポジションはどこでも」と話したが「野手で勝負します」と宣言をした。

元選手には前日の試合で西武・渡辺久信GMが「初めて見たけど、ツボにはまれば飛ばすね。体幹が強い」と評価し、この日も5球団が視察して、横浜DeNAの中川スカウトが「窮屈でもヒットにできるのは技術がある証拠」と評価した。

元選手は野手として評価されそうで、ドラフト会議では早ければ3位前後で指名される可能性があるとみられる。

5球団のスカウトが視察し、DeNA・中川スカウトは「窮屈でもヒットにできるのは技術がある証拠」と打撃を評価。元は「指名していただけるならポジションはどこでも」とプロ入りを熱望し、夢舞台での飛躍を誓った。

全力を出し切って「100%の力を出し切ったと言いたいし、完全燃焼できた」と笑顔。改めてプロ志望届を提出することを明かした上で「野手で勝負します」と宣言した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント