明石商・中森俊介投手の高校最後の投球は9回2失点完投、プロスカウトの評価まとめ

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

高校生NO.1右腕の中森俊介投手が、高校最後の投球を甲子園で見せ、9回を投げて2失点完投で勝利した。進路については明言をしなかったが、プロのスカウトからは高い評価が聞かれている。

150キロ

中森俊介投手は、初回1アウトから内野安打と四球でランナーを背負ったものの、後続を落ち着いた投球で抑えると、2回からは、これまで2年間、甲子園で投げている実績と経験による投球で、一人のランナーも許さなかった。3回にはこの日最速となる150キロを記録するなど、終始140キロ中盤のストレートを投げた。

7回と9回にそれぞれ1点を失った。「序盤はいい感じ、いいテンポで投げられたけど、体力のなさで球威が落ちてきた。勝てたので良かったけど、課題がたくさん出た」と話した。中森投手は「完封して、いい投球ができればプロでできるという自信になる。試合前はそういう気持ちでマウンドに上がったけど、9回2失点したので、まだまだ実力が足りないかな」と話し、進路の参考にする試合だったことを明かした。

プロスカウト評価

プロのスカウトは絶賛をしている。

埼玉西武・潮崎編成グループディレクター:「今日の投球を見ても、十分プロでやれるスキルがあると感じた。夏バテにならないよう、力を抜きながら投げてもいた。高校生の中ではトップクラス」

福岡ソフトバンク:永井編成育成本部長兼スカウト育成部長:「中森は本調子ではなくても試合をつくる、対応力、ゲームメーク力にたけている。球自体の評価も高校生ではトップクラス」

東京ヤクルト・小川GM:「完成度が高い。練習試合でも甲子園でも何ら関係なく、変わらずに投げている。プロ志望届を出せば12人に入る可能性がある」

千葉ロッテ・永野プロ・アマスカウト部長:「高校生の中では完成されつつある投手。キャリアも十分。体もあって馬力があるので、コロナ禍でも他の投手より余力があるのでしょう」

東北楽天・後関スカウト部長:「今日は最速150キロでアベレージは143キロ前後。簡単にストライクが取れ、要所で力を入れていた」

オリックス・牧田編成部副部長:「令和のスター選手になれる素材。いつでもストライクが取れる指先の感覚、ギアを入れた時に空振りが取れる球もある。改めてエースになる要素を兼ね備えていると感じた。プロ志望届を出すか出さないかだけです」

横浜DeNA・進藤編成部長:「余力を残しながら投球できると感じた。経験があるからだろう。甲子園だからと力み過ぎずに投げられていた」

阪神・畑山統括スカウト:「彼らしいクレバーな投球。両コーナーへの真っすぐの制球、変化球を低めに集めるという彼の持ち味が出ていた。プロで勝つための要素を兼ね備えている印象」

中日・米村チーフスカウト:「完成度が高い。直球は高校生で147、8キロ出れば十分。早い段階で先発ローテーションに入れる可能性がある。うちで言えば、川上憲伸みたいな先発完投型。甲子園の実績からカリスマ性もあるし、エースとしてチームを支えてくれるような投手。球速を追いかけなくなり、逆に良くなっている印象を受けた。評価はさらに上がりました。志望届を出せば、1、2位は間違いないでしょう。3、4球団は競合するんじゃないか」

プロの高い評価を聞いた狭間監督は中森投手のこの日の出来について「プロの方はおっしゃいますが、プロもたいしたことないな思います。そんなええなとは思いません。ただ意識の高い男なんで改善してくれると思います。今後にはもちろん期待してます」と話した。

中森投手の素質やスキルについては、すでに昨年の春・夏の甲子園での投球で、この世代NO.1であることは既に固まっているといって良いと思う。その上で、今年、さらなる成長を期待し、球速や球威の面では、中京大中京の高橋投手などには及ばなかったものの、投球の中身、勝てる投球は1段上の所にいる。

あとは進路の決断が待たれる。中森投手は「最後も課題が残った。どういう進路にいくかは分かりませんが、もっと上を目指してやっていきたいです」と話した。この日の投球と進路を結び付けて考えていた事は気になるが、プロ志望届を提出し、プロのスカウトからの評価を聞いてみる事は必要だと思う。

大学に進んでも、リーグでも屈指の投球として投げられてしまうだろう。それよりも1段階上のプロの世界に入って、1年間じっくりと体を作る所から入っても良いのかなと思う。

▽西武潮崎編成グループディレクター「今日の投球を見ても、十分プロでやれるスキルがあると感じた。夏バテにならないよう、力を抜きながら投げてもいた。高校生の中ではトップクラス」

▽ソフトバンク永井編成育成本部長兼スカウト育成部長「中森は本調子ではなくても試合をつくる、対応力、ゲームメーク力にたけている。球自体の評価も高校生ではトップクラス」

ヤクルト・小川GM「完成度が高い。練習試合でも甲子園でも何ら関係なく、変わらずに投げている。プロ志望届を出せば(1位の)12人に入る可能性がある」

楽天・後関スカウト部長「今日は最速150キロでアベレージは143キロ前後。簡単にストライクが取れ、要所で力を入れていた」

阪神・畑山俊二統括スカウトは「両コーナーへの直球の制球、変化球を低めに集める彼の持ち味が出ていた。プロで勝つための要素を兼ねそろえている印象」と絶賛し、中日・米村明アマスカウトチーフは「完成度が高い。直球は高校生で147、8キロ出れば十分」。投手としての総合力が評価対象となっている。

注目の進路については、「今は考えていない。完封して、いい投球ができればプロでできるという自信になる。試合前はそういう気持ちでマウンドに上がったけど、2失点したので実力が足りない」と明言しなかった。それでも、中日・米村チーフスカウトは「球速を追いかけなくなり、逆に良くなっている印象を受けた。志望届を出せば、1、2位は間違いないでしょう」と高評価する。

―中森君について
 「体の上下のバランスが悪く、終盤はひじが下がって球がシュート回転。試合をつくってくれたのはそれなりに経験値があったからだが、完封できないと。(完成度が高いと)プロの方はおっしゃいますが、プロもたいしたことないな思います。そんな、ええなとは思いません。ただ意識の高い男なんで改善してくれると思います。今後にはもちろん期待してます」

注目の進路についても、プロ挑戦か進学かは明言せず、熟考する意向だ。「いい投球ができれば、プロに行ける自信になる―。そういう気持ちで臨んでいた。最終的に9回で2失点。実力が足りなかった。どこも特に自信はない」と慎重。しかし、中日の米村チーフスカウトは「完成度という点では(中京大中京の)高橋より高い。勝てる投手になってきた。(プロ志望届を提出すれば)1位は間違いない。3、4球団は競合するんじゃないか」と高く評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント