明石商・来田涼斗は4の1、ソフトバンク・オリックスなど評価も「今、プロに入っても力が足りない」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース オリックスドラフトニュース

昨年のセンバツで先頭打者弾&サヨナラ弾を放つなど注目された、明石商の来田涼斗選手はこの日、最後の甲子園の試合で4打数1安打に終わった。

スポンサーリンク

脚力を評価

来田涼斗選手はこの日、1番センターで出場すると、第1打席はショートゴロだったが、第2打席で魅力の一つである足を見せ、セカンドの内野安打を記録した。しかし、第3打席はセカンドゴロ、第4打席もショートフライに終わり、4打数1安打だった。

チームが勝利をしたことに「いい勝ち方だった」と話したものの、「個人的には全く納得できない」と、代替大会を含めた打撃について、悔しさを見せた。

プロのスカウトも、この日の来田選手を次のように評価している。

福岡ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト育成部長:「足も速くおもしろい。力んでいたところもプロ向きな性格ではないか」

オリックス・牧田編成部副部長:「脚力を大いにアピールしてくれた。ポテンシャルの高さも魅力的。将来は中軸を打てる選手になってほしい」

中日・米村アマスカウトチーフ:「脚力、ポテンシャルは素晴らしい。野球に対しての姿勢も見られました」

足やポテンシャル、性格の評価をしている事から、打撃についてはあまり評価をされていない事が伝わってくる。この夏に向けてタイミングの取り方を変え、狭間監督もそれを絶賛してきた。この日も狭間監督は「タイミングがはかれるようになりつつありますね。最初は本能でやってたんでね。」と話した。

ただし、今日は来田選手もホームランを狙っていたようで、「今日は試合前にファーストゴロ、セカンドゴロで終わりやって言って、その通りになった。1試合だけで狙ったろって感じだったので。だいたい当たったんで、本人は泣きそうな顔してましたわ。まあ今は粗削りでいいと思いますけど」と話し、まだ新しい打撃の習得途中と評価した。

個人的には昨年までの本能でやっていたときの方がよかったと思うが、これはプロに入ってまた作り直していく所だろう。

進路について聞かれると、「帰ってから監督や親と相談して慎重に決めたい」と話し明言をせず、「プロは小さいころからの夢。きょうはこんな形で終わり、その域に達していない。今、プロに入っても、力が足りないのは分かっている。もっとレベルアップしたい」と話した。

高校の3年間で、50m5.9秒の足や高校通算34本塁打の思い切りの良い打撃により輝きを放った。プロでは遠投100mの肩もさらに磨いて、高いレベルの3拍子揃った外野手になってほしい。

2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

▽ソフトバンク永井編成育成本部長兼スカウト育成部長「足も速くおもしろい。力んでいたところもプロ向きな性格ではないか」

▽オリックス牧田編成部副部長「脚力を大いにアピールしてくれた。ポテンシャルの高さも魅力的。将来は中軸を打てる選手になってほしい」

▽中日米村アマスカウトチーフ「脚力、ポテンシャルは素晴らしい。野球に対しての姿勢も見られました」

「プロは小さいころからの夢。きょうはこんな形で終わり、その域に達していない。今、プロに入っても、力が足りないのは分かっている。もっとレベルアップしたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント