明秀日立・飯田真渚斗投手が健大高崎を5回1安打7K、6球団スカウトにアピール

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明秀日立の141キロ左腕・飯田真渚斗投手にが、強打の健大高崎を相手に5回1安打7奪三振無失点の投球を見せ、6球団のスカウトにアピールした。

スポンサーリンク

関東チャンピオンを封じる

高萩市営球場で行われた健大高崎vs明秀日立の練習試合には、健大高崎の強打者の視察を目的に6球団のスカウトが訪れていた。しかし、その試合でアピールをしたのは明秀日立の左腕だった。

飯田真渚斗投手は176cm77kgの左腕投手でこれまでの最速は141キロ、球速以上にスピードが感じられるキレのある球で、昨秋は銚子商との練習試合で21奪三振を記録している。

その飯田投手が昨秋の関東王者で、メンバー全員で231本塁打を放つ強打線の健大高崎を相手に先発すると、最速は141キロを記録し、スライダー、チェンジアップなども駆使して5回を1安打無失点、7つの三振を奪う投球を見せた。

「健大高崎は高めに浮くと一発があるので、打たれるより四球でと思って投げた」と話した飯田投手、視察に来ていた6球団のスカウトに、十分アピールする内容だった。

春の茨城大会でも注目される投手となりそうだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
明秀学園日立の左腕・飯田が5回無失点、7K 6球団のスカウト陣視察
 (高校野球練習試合 7日、高萩市営球場 高崎健康福祉大高崎7-2明秀学園日立)今秋のドラフト候補に挙がる明秀日立の左腕、飯田が5回1安打無失点、7奪三振と好投…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント