今日から九州大会!真颯館の143キロ左腕・松本翔投手に注目

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今日から春季高校野球九州大会が開幕する。明豊、福岡大大濠などが登場する他、九州国際大付、真颯館などに注目選手がいる。

スポンサーリンク

143キロ左腕

真颯館の松本翔投手は178cm80kgの左腕投手で、春季福岡大会では東福岡戦で143キロを記録している。

昨秋は福岡大大濠の毛利海大投手とともに福岡県の注目左腕として名前が挙がっていたが、左肘の違和感により秋の大会は登板ができなかった。その後、故障を治すとともに、故障をしにくいフォームへの改造に取り組み、下半身の強化を行った。

反復練習を繰り返すことでフォームが固まると、「リリースの時に100の力で投げている」とフォームの力みも無くなり制球力も向上した。球速もグッと伸びている。

今日開幕する九州大会では柳ヶ浦高校と対戦する。

注目選手

九州大会ではセンバツ出場組の福岡大大濠・毛利投手、大崎の坂本安司投手、具志川商の144キロ右腕・新川俊介投手、宮崎商の中村碧人選手、センバツ準優勝・明豊の京本真投手や太田虎次朗投手なども注目されるが、最も注目されそうなのは九州国際大付の柳川大晟投手と山本大揮投手か。

山本投手はエースとしてこの春の福岡大会でも、真颯館との決勝で7回8安打8奪三振も自責点2で勝利し優勝に大きく貢献している。182cmの右腕で145キロの速球を投げる。そして柳川投手は188cmの上背があり、昨年に152キロを記録して話題となった。上体を使って投げるフォームで制球に課題があるものの、ポテンシャルは一級品だ。

他にも鹿児島実の城下拡捕手、興南の143キロ左腕・山城京平投手、柳ヶ浦の岡本総太朗選手、大分舞鶴の138キロ右腕・山下和磨投手、津久見の林田夢大投手や鶴田星斗投手なども注目される。

2021年度-九州のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
最速143キロ本格派、故障乗り越え進化 西日本スポーツ紙面 2021/4/24

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント