市和歌山の来年のドラフト候補、148キロ右腕・米田天翼投手が10奪三振1失点完投勝利

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

2人のドラフト1位指名選手が誕生した市和歌山は、来年のドラフト会議で上位指名の可能性もある148キロ右腕の米田天翼投手が、9回7安打10奪三振1失点で完投勝利を挙げた。

スポンサーリンク

6回からパーフェクト

秋季高校野球近畿大会の初戦、神戸学院大付と対戦した市和歌山は、148キロの速球を投げ、来年のドラフト候補として注目される米田天翼投手が先発した。

米田投手は5回まで毎回ヒットを許す苦しい投球となり、攻めのリズムも悪く、5回まで9つの四死球をもらいながらも1点しか奪えず、4回にはタイムリーヒットを許して1-1の同点となった。

ここで半田監督がナインを集め、「このまま力を出せずに後悔するのか」と叱咤すると、米田投手は6回からはパーフェクト投球、本来のピッチングをみせた。攻撃でもなんとか1点を奪い、2-1で勝利した。

米田投手は「自分の武器はストレートだと思っているので、しっかりと押し込んでいけば絶対に打たれない、と考え直した」と話した。

ドラフト会議では小園健太投手、松川虎生捕手という2人が1位指名を受ける快挙となった。その姿を見ていた米田投手は、「絶対に自分も来年はあの立場で迎えたいという気持ちが強かった」と話す。

まずは1勝、近畿大会ベスト4入りし、センバツに出場し、小園投手と同じく全国にその名を轟かせたい。

2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。
2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

近畿大会の開幕戦という緊張から制球に苦しみ、五回まで毎回安打を浴びる苦しい投球。1点リードの四回には適時打で同点に追いつかれた。打線も五回までに9四死球をもらいながら攻めきれず、1―1の展開。ナインは五回終了後に半田監督から「このまま力を出せずに後悔するのか」と叱咤を受けた。これに右腕は奮い立ち、六回以降は別人にようなマウンドさばきをみせる。自信のある力強い直球を次々と捕手ミットに投げ込んで相手打線を寄せつけず、そこからの4イニングはパーフェクト投球。最後の打者を二ゴロに抑えると、力強くガッツポーズをつくって感情を爆発させた。

同校は今秋ドラフトでDeNAに1位指名された小園健太投手(3年)とロッテ1位指名の松川虎生捕手(3年)を擁して、今春のセンバツで躍動した。11日のドラフトは後輩たちも同校で行方を見守った。米田は「『エースたるもの』という言葉は小園さんから受け継ぎました。ドラフトで指名されて自分も来年、あの立場で迎えたい」と気持ちを新たにした。

【高校野球】市和歌山が8強進出 プロ注目の米田天翼が小園健太直伝の変化球で1失点10K完投
 市和歌山(和歌山1位)が神戸学院大付(兵庫2位)に競り勝ち、準々決勝進出を決めた。来年ドラフト候補右腕の米田天翼(つばさ、2年)が、7安打を浴びながらも1失点10奪三振で完投勝ちした。
小園先輩に続け!市和歌山・米田 10K完投で選抜に一歩前進「ここ一番で点取られないのがエース」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 来春選抜出場の重要な選考資料となる近畿大会は16日に開幕し、1回戦3試合が行われた。市和歌山(和歌山1位)は、来秋ドラフト候補の148キロ右腕・米田天翼(つばさ)投手(2年)が10奪三振で1失点完投勝利。天理(奈良3位)、大阪桐蔭(大阪1位)とともに準々決勝進出を決めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント