浦和学院がセンバツ当確、宮城誇南投手と桐生第一・北村流音投手は明暗分かれる

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

秋季高校野球関東大会は浦和学院が桐生第一に勝利、宮城誇南投手と北村流音投手の好投手に明暗が分かれた。

スポンサーリンク

好投手対決

浦和学院の宮城誇南投手と桐生第一の北村流音投手の、関東を代表する好投手の対決となったこの試合、宮城投手は先発をすると、春や夏から少し強く感じられるようになったストレートに、持ち前のキレの良い変化球を織り交ぜる。

素晴らしい球で抑えたかと思えば、四球を出したりヒットを許したりと、良い投球が3つ続かないところは変わらないが、それでもヒットを散発の6安打に抑え、要所を抑えて9回を完封した。

一方、桐生第一は143キロ右腕の北村流音投手をリリーフに起用し、0-1と接戦に持ち込んで予定通り6回から登板した。しかし、先頭打者の4番・鍋倉選手にヒットを許すと四球でチャンスを広げられ、長打も浴びて4失点した。スクイズへの警戒も弱かったり、またランナーにかき回されるなど、チーム力に差も見られた。

7回からは声を出して投げるようになり、7つの三振を奪い、8回も無失点に抑えて意地をみせたものの、この日は腕が振れておらず、変化球が特に緩かった。今泉監督は「北村の状態は良くなかったです。北村につなぐまでに、もう1人挟もうかと迷いました」と話す状態だったという。

夏の大会では腕の振りも強く、140キロ台のストレートの伸びも抜群だった。この日も腕が振れないものの141キロを記録しており、その片鱗は見えた。春には関東屈指の右腕としての球を投げてくれるだろう。期待したい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

浦和学院のエースが、甲子園に戻る。背番号1の左腕、宮城誇南(こなん)投手(2年)が、桐生第一を被安打6の7奪三振で完封。1回戦の向上戦は5回4失点だったが、中1日で立て直しに成功。チームの15年以来7年ぶりのセンバツ出場を確実なものとし「(初戦を)勝たせてもらった。投げられることに感謝して、恩返しができるような投球がしたかった」と明かした。

桐生第一はエース北村流音(2年)へ継投する展開だったが、結果として裏目に出た。今泉壮介監督(42)は「北村の状態は良くなかったです。北村につなぐまでに、もう1人挟もうかと迷いました」と、ため息まじりに言った。先発寺門京佑投手(2年)が5回を1失点も、継投した直後の6回に4安打とスクイズなどでの4失点が痛かった。

浦和学院 4強入りでセンバツ当確!エース宮城 6安打完封 森大新監督「ホッとしています」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 11年ぶりにアイボリーユニホームに戻し、再出発した浦和学院。30年率いた森士(おさむ)前監督が今夏限りで退任し、長男の森大新監督の下で関東大会2勝を挙げ、15年以来のセンバツ出場を当確にした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント