千葉ロッテドラフト2位・国士舘大の池田来翔選手に指名あいさつ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテの榎チーフスカウトと福沢スカウトが国士舘大を訪れ、ドラフト2位で指名した池田来翔選手に指名あいさつをした。

スポンサーリンク

次世代のセンターライン

千葉ロッテは強打の二塁手・池田来翔選手をドラフト2位で指名した。井口監督は「打力のいい選手なので、そういう意味では去年のベイスターズの牧みたいなイメージです」と話し、自らも強打の二塁手だったが、その姿を池田選手にも期待を込めている。

池田選手も「足の速い左バッターというイメージが。僕がいまセカンドをやっているのは違和感ありますけど、動きも慣れてきて、愛着もわいてきたので」と話す。そして、「牧選手が大卒1年目でこのような結果を出して、ハードルは上がってますが、負けないように、それ以上の結果を出せればいいなと思っています」と話した。

千葉ロッテは主軸の中村奨吾選手が4年連続で全試合出場をしており、セカンドを守っている。しかし年齢が29歳とベテランの域に入りつつあり、次世代のセカンドとしてドラフト2位で指名した。

大学時代は3年、4年のシーズンで新型コロナの影響があり、侍ジャパン大学代表などでプレーする機会を失った。もし、そういう大会に出場していたら、牧選手のような勝負強さやスケールの大きさを見せていたかもしれない。

強打の二塁手としてセ・リーグは牧、パ・リーグは池田という存在になってほしい。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

井口資仁監督(46)からは、ドラフト当日に「打力のいい選手なので、そういう意味では去年のベイスターズの牧みたいなイメージです」と高く評価されていた。同じ東都大学リーグの出身で、DeNA牧秀悟内野手(23)は1年目の今季、137試合に出場し打率3割1分4厘、22本塁打、71打点と文句なしの活躍を見せた。

池田は「牧選手が大卒1年目でこのような結果を出して、ハードルは上がってますが」としながら「負けないように、それ以上の結果を出せればいいなと思っています」と強い意気込みを見せていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント