今年注目したい選手、岡豊高・浜口颯一朗投手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

岡豊高の浜口颯一朗投手は、がっしりとした下半身があり、低めに角度のある球を投げ続けることができる。

スポンサーリンク

低めに角度のある球

浜口颯一朗投手は178cm78kgの右腕投手で、上背はそれほどないものの、低めに角度のある球を投げ、また目線とタイミングを外すカーブが非常に有効な球となっている。

どっしりした下半身があり、この土台を使って低めに安定した強い球を投げることができ、最速は142キロ、ここぞという時のストレートは非常に魅力がある。

昨年夏の高知大会では、初戦で土佐塾高校の話題の両投両打の寺田啓悟投手と投げ合い、9回を7安打8奪三振2失点で完投勝利を挙げた。2回戦は登板せず3回戦で強豪の高知中央と対戦、この試合は5回で13安打10失点でコールド負けを喫したが、130キロ中盤から後半のストレート、そしてカーブはそれほど悪くないものだった。

今年はどんな投球を見せてくれるのか、非常に楽しみだ。

今年注目したい選手、一宮起工科・藤村晃大投手
一宮起工科(いちのみやおこしこうか)の藤村晃大投手は、バランスの良いフォームから130キロ中盤の速球を投げ、将来に注目したい投手。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント