146キロ右腕・東邦の三浦心空投手に中日スカウトが評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東邦高校の146キロ右腕・三浦心空投手が、プロ入りへの思いを話した。また中日のスカウトも三浦投手を評価している。

スポンサーリンク

キレのあるストレート

三浦心空投手は173cm74kgの右腕投手で、東邦高校では1年生の秋から背番号6を付け、内野手と投手としてプレーしていた。最速146キロの速球はキレが十分、そして緩急をつける100キロ台のカーブやスライダー、チェンジアップ、カットボール、ツーシームなどを織り交ぜる、実戦的なピッチングをする投手。

昨年秋は愛知大会準々決勝の中部大春日丘線で172球を投げたものの、9回に4失点して逆転負けを喫した。「力で抑えようとムキになってしまった」と振り返って反省をしている。そしてこのオフには体重を6kg増やし、さらに球威のアップやメンタル面での教科もしてきた。

この三浦投手にはプロも注目しており、中日に清水スカウトは「スタミナがあって、直球、変化球でストライクが取れる。力強さが付けばさらにいい」と評価する。

三浦投手も藤嶋さん、石川さんは甲子園に行った。自分も甲子園に進んで、プロで活躍できる選手になりたい」と話し、プロへの思いを語る。146キロの速球をさらに磨き、この秋のドラフト会議での指名を目指す。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【今秋ドラフト候補】「ドラゴンボール」孫悟空が名前の由来 東邦高・三浦心空投手 “かめはめ波”級の直球でヒーローに:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇目指せ!プロ野球 2022中部のドラフト候補 3月に入り、いよいよ球春到来。あこがれるプロ野球界への門をたたくため、中部地区のドラフ...

昨秋は県大会準々決勝の中部大春日丘戦で、ファウルで粘る相手に球数が増えた9回に4失点。172球の熱投も悔しい逆転負けを味わい「力で抑えようとムキになってしまった」と振り返る。冬には体重を6キロ増やし、揺さぶりに負けないメンタル強化にも取り組んできた。中日の清水昭信スカウトは「スタミナがあって、直球、変化球でストライクが取れる。力強さが付けばさらにいい」と高く評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント