【2022センバツ】日大三島の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、日大三島の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:松永陽登投手

180cm80kgの本格派右腕投手で、最速140キロの速球に、多彩な変化球を織り交ぜて、打たせてとる投球をするタイプ。投手としての力があるものの、4番として打率.513、秋に公式戦で2本塁打を放ち、フォームが崩れずにしっかりとした打撃ができるのが特徴で、プロも野手として注目している。

注目度B:野田優磨捕手(新2年)

1年生で正捕手となり、二塁送球1.92秒の強肩を見せる。リードも磨きがかかっており、松永投手と良いコンビネーションを見せる。

注目度C:加藤大登外野手

185cmの大型外野手だが、50mを6.0秒で走る身体能力がある。昨秋は出場も少なかったが、まずはその足に注目したい。

注目度C:京井聖奈内野手

チームの中心選手の一人で、打撃では1番を打ち、打率.390、チャンスに強くサヨナラホームランも放った。サードの守備も非常に安定しており信頼感があるほか、投手としても138キロの速球を投げ、カーブ、チェンジアップを操る。野球センス、身体能力の高い選手。

注目度C:吉川京祐遊撃手

遊撃手として信頼感が高く、昨秋は11試合で失策は1つと安定。打撃もよく、しっかりとスイングをして広角にヒットを打てる。

注目度C:池口奏一塁手(新2年)

打撃に非常に優れ、強くコンタクトができる選手。昨年は1年としてレギュラー出場し、公式戦11試合で2本塁打を放つ。足もある選手で、その点もチェックしたい。

注目度C:寺崎琉偉外野手(新2年)

50m6.2秒の足のある選手で、センターで広い範囲を守る。1年秋は11試合で2盗塁を記録し、足の使える選手として期待したい。

注目度C:松本彪之介投手(新2年)

外野手としてプレーするが、投手として135キロのストレートとフォークボールを投げる。リリーフで登板する。

チーム

投手では松永選手が柱。安打やランナーを許しながらも、要所を押さえてさらに1点を与えない粘りの投球ができる。京井投手、松本投手など控えの投手陣が、松永投手を支えられるかどうか。

攻撃も松永選手が4番で柱だが、1番・京井選手、2番・寺崎選手が足が使えて、3番・池口選手も強打者。この上位陣でどれだけ得点を奪えるかがポイント。守備はキャッチャーの野田選手、ショートの吉川選手、センターの寺崎選手とセンターラインがしっかりしている。

投手が4点までに抑え、打線が5、6点を奪う。足や犠打を生かした永田監督の采配も注目されるが。守備でしっかりと守って松永投手を盛り立て、1点でも少なく押さえて行きたい。

日大三島高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント