【2022センバツ】大垣日大の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、大垣日大の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:西脇昂暉捕手

二塁送球が1.8秒台の強肩捕手で、フットワークもしっかりしており正確なスローイングができる。打撃でも思い切りが良く、昨秋は長打力を見せた。

注目度C:五島幹士投手

137キロの速球とスライダー、チェンジアップなどをテンポ良く投げて抑える。打撃や50m6.1秒も足でも注目されており、野手としての可能性も含めてチェックしたい。

注目度C:三松将也投手

183cm95kgの大型左腕投手。現時点で球速は137キロだが、さらに球威を増して行けば、体の大きさも合間みえて目に留まる投手となりそう。

注目度C:伊藤成大二塁手

50m6.1秒の足で、昨年秋は12試合で7盗塁。2番打者としてコンパクトなスイングで広角に打ち出塁する。

注目度C:河村岳竜外野手

俊足選手が多い中で、50m5.9秒でチームトップの足を持ち、1番打者として足を使う。ランナーにいると相手バッテリーが嫌。ベース上からプレッシャーをかける。

注目度C:長沢康生外野手

50m6.0秒の俊足で、昨秋は12試合で5盗塁を記録した。打点も多くチャンスに期待できる選手。

注目度C:米津煌太遊撃手(新2年)

遠投115mの強肩遊撃手で、守備にも定評があり、打撃でも思い切りの良さがありながら、四球を選ぶセンスを見せる。

注目度C:山田渓太投手(新2年)

外野手としてプレーするが、投手として137キロの速球を投げ、ロングリリーフもできる。28回1/3で30奪三振を奪っており、重さを感じるストレートと強気な攻めに注目。

チーム

投手は五島投手と山田投手の継投。共に130キロ台後半の速球を投げ、全国クラスの投手。控えの大型左腕・三松投手などがどのような成長を見せるか。

攻撃では1番から9番まで全員が走ってくる。特に1番・河村選手、2番・伊藤選手はとくにランナーとして相手をかき回す力がある。3番・五島選手、4番・西脇選手に、5番・米津選手も思い切りの良さがあり、ホームランを打てるパワーもある。

守備でも西脇選手を中心に、米津選手、長沢選手とセンターラインがしっかりしている。

投手が2点に抑え、打線が5、6点を奪う。足を生かした攻撃で、全員で好投手を攻略する力があり、阪口監督の術中にはまると相手も力を出せない。ポイントは投手がどれだけ抑えられるかとなりそうだ。

大垣日大高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント