【2022センバツ】大島高の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、大島高の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:大野稼頭央投手

174cmの左腕投手で最速146キロを記録する。ストレートと鋭いスライダーで2桁奪三振を記録することもできれば、カーブなどで打たせてとり無失点に抑えていく投球もでき、引き出しが多い。大会屈指の左腕投手ということで、注目度は非常に高い。

注目度C:武田涼雅遊撃手

183cm81kgの大型遊撃手として目を引く。強い打球を飛ばし、投手としても力のある球を投げる。将来性など、まずは守備の動きや打席での姿などを見たい。

注目度C:西田心太朗捕手

180cmの捕手で、スローイングなどはまだ課題があるが、リードやディフェンスでセンスの良さを見せる。走塁でも思い切りの良さが見える。

注目度C:中優斗中堅手

昨秋に5番打者として打率.390を記録した。犠打や盗塁など色々なことを器用にできる。

注目度C:有馬航大二塁手(新2年)

1年生でセカンドで出場。1番打者として打率は低かったものの、出塁したら思い切りの良い走塁を見せる。

チーム

プロ注目左腕の大野投手はスタミナも十分で、状況に応じていろんなスタイルで投げられる。敵は球数制限となりそうで、武田選手、前川選手、中選手などの野手陣が、代わりが必要な特にしっかりと投げられるか。

2番を打つ大野選手はコンタクトが非常に良く、ヒットを打てる。3番・武田選手、4番・西田選手がしっかりと還すことができれば、得点は重なっていく。また、下位でチャンスを作り、2番・大野選手が還すこともできる。

投手が2点に抑え、打線が4、5点を奪う。1番に入る選手や中軸がしっかりと仕事ができるか。

大島高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント