星稜、マーガード真偉輝投手・武内涼太投手リレーで勝利

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ高校野球大会は1回戦の星稜vs天理の試合が行われ、星稜がマーガード真偉輝投手と新2年の武内涼太投手のリレーで勝利した。

スポンサーリンク

変化球

マーガード真偉輝投手は186cm90kgの大型投手で、1年時からその力のある球を投げて注目されている。この日は先発をすると、得意のスライダーは鋭く曲がり、130キロ台のシュート気味で沈む変化球も冴え、7回0/3を投げて3安打8奪三振2失点と好投した。

8回に右手の爪を痛める異変で制球が定まらなくなり、四球と味方エラーから2ベースヒットを浴びて降板すると、2番手の武内涼太投手が登板する。武内投手も中学時から注目された投手で、高校1年で143キロを記録する投手。奥川2世と呼ばれる。

立ち上がりは制球に苦しんだものの三振で抑えると、9回も無失点に抑え、2−2のまま延長戦に入った。1点を勝ち越した延長10回は天理の粘りに合って同点に追いつかれ、延長11回も四死球でランナーを許し、味方のエラーで1失点したものの、最後は内野フライに抑えて5−4で勝利した。4回を投げて2安打6奪三振2失点、6四死球だった。

武内投手も130キロ台のカットボール、そして110キロ台のチェンジアップを使い三振を奪ったが、本来のストレートには及ばない印象だった。それでも、体格やフォームなどを見ると、やはり来年は非常に期待したくなる。

ドラフト的にはマーガード投手もストレートの威力が、高校1年時にイメージした成長から比べるとまだまだ物足りない印象で、現時点ではまだドラフトの指名にはつながらない印象、ただし、夏までの成長も見られそうな感じで、夏の大会で140キロ中盤の球に、この日の変化球を織り交ぜて1試合20奪三振くらいの投球を見せるかもしれない。

いずれにしても2回戦での投球が注目される。

センバツ高校野球(2022)4日目の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会は4日目、対戦カードと注目選手です。
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
星稜 エース・マーガード負傷降板も“全員野球”星 延長十一回の激闘制す/デイリースポーツ online
 「選抜高校野球・1回戦、星稜5-4天理」(22日、甲子園球場) 1回戦3試合が行われ、星稜(石川)が延長十一回の激闘の末に天理(奈良)を下した。エース右腕、マーガード真偉輝キアン投手(3年)は7回0/3を投げて3安打2失点(自責点0)、8奪三振と好投。八回に右のツメを痛めて降板するアクシデントも全員野球で乗り越えた。
ポニーリーグ出身の星稜マーガードが天理戦で好投 オリ・宮城の後輩を林監督も勝因に - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ポニーリーグ出身の星稜のエース・マーガード真偉輝(まいき)キアン(3年)が天理戦で先発。甲子園デビューを飾った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント