帝京高・渡邉礼選手が4安打4打点、早稲田実に勝利

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球東京大会の4回戦で帝京と早稲田実が対戦し、帝京が13−0で5回コールドで勝利した。

スポンサーリンク

4番

帝京の渡邉礼選手は1年秋から4番を打つ選手で、「出場時はほぼ4番を打っていた」と話す。この日も4番として2回にライト前ヒット、3回にはノーアウト1塁の場面でセンター前ヒットでチャンスを広げた。

4回には1アウト1,3塁のチャンスにライトオーバーのタイムリー3ベースヒット、そして打者一巡で回ってきた第4打席は今度はレフトオーバーのタイムリー2ベースヒットを打った。

4打数4安打4打点の活躍に、「チャンスで1本打って、チームが勝てればいい。そこでしっかり打つのが4番。今日はできたのでよかった」と話した。

ショートを守り、強打の遊撃手として今後も注目をしたい。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
帝京が早実に5回コールド勝ち 4番渡辺礼が4安打4打点、4回に集中打10安打10点 - 高校野球 : 日刊スポーツ
帝京が、4回に打者一巡の猛攻で、この回10安打で一挙10点を挙げ、5回コールドで試合を決めた。帝京の4番らしくあればいい-。渡辺礼内野手(3年)は力強く、堂々… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

1年秋から「出場時はほぼ4番を打っていた」という渡辺。1戦ごとに力をつけ、その自信とともに大きく成長している。金田優哉監督(36)も「帝京の4番らしくできればいい。勝負強くなってきましたね」と目を細めた。

【高校野球】 帝京が早実に5回コールド勝ち 国学院久我山との準々決勝へ4番・渡辺「打てないことはない」
 帝京が猛打で早実を圧倒した。3―0で迎えた4回裏、10本の安打を連ねて一挙10点を挙げた。
帝京4番の渡辺1イニングに三塁打と二塁打放ち4打点【高校野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
春季東京都高校野球大会は11日、スリーボンドスタジアム八王子などで4回戦4試合が行われ、帝京、センバツ出場組の国学院久我山、二松学舎大...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント