東海大菅生の190cm2年生・日當直喜投手が6回2安打5奪三振

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東海大菅生の2年生で、190cmの大型右腕として来年が注目される日當直喜投手が、6回2安打5奪三振無失点2失点の投球を見せた。

スポンサーリンク

来年注目右腕

東海大菅生は、エースでプロ注目の鈴木泰成投手が、昨年冬に手術を受けてリハビリが続いている中で、この日の春季高校野球東京大会4回戦の堀越戦には2年生の日當直喜投手が先発登板した。

日當投手は190cmの大型右腕投手で、最速143キロの速球とスライダーを投げる本格派投手として、来年のドラフト候補として注目されている。この日は6回2安打5奪三振と力を見せたものの、4回に味方のエラーがらみで2失点し、「無駄な四球が多かったですし、味方のエラーをカバーできる投手になりたい」と話した。

若林監督も「30点くらい。圧倒的なピッチングを見せてもらいたい」と厳しく評価をしているが、それは期待の表れだ。来年はエースとして期待をしており、ドラフト1位で指名されるような投手になってほしいと思う。

日當投手も「誰も投げられないようなフォークを投げるとか、ちょっと変わった面白みのある投手になりたい」と話し、自らの特徴を探しながら成長を続けていく。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】東海大菅生の190センチ右腕・日當(ひなた)直喜が6回2失点自責0
 東海大菅生の次世代エースが好投し、チームを8強に導いた。日當(ひなた)直喜(2年)が190センチの恵まれた長身から最速143キロの直球とスライダーで6回を2安打5奪三振。4回に味方の失策がらみで2点

東海大菅生の次世代エースが好投し、チームを8強に導いた。日當(ひなた)直喜(2年)が190センチの恵まれた長身から最速143キロの直球とスライダーで6回を2安打5奪三振。4回に味方の失策がらみで2点を失ったが、自責点は0。大器の片りんを披露した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント