花咲徳栄、145キロ右腕・金子翔柾投手が復活投球、藤田大清選手が迫力ある打撃見せる

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

花咲徳栄が春季埼玉大会2回戦の庄和戦を戦い、145キロ右腕の金子翔柾投手が5ヶ月ぶりの登板を果たした。また、3番・藤田大清選手が迫力ある打撃を見せた。

スポンサーリンク

昨年から

金子翔柾投手投手は昨年、最速143キロの速球を投げ、夏の大会も先発・リリーフで投げると、秋も埼玉大会準決勝の聖望学園戦で5回コールド3安打7奪三振無失点で完封した。

しかし、秋季関東大会の東海大相模戦では2/3回を投げて4安打を浴び5失点で降板してしまう。力強いストレートは見られず、変化球などで抑えようとしたがそれができない投球で、その試合前のブルペンで腰を痛めていたという。

この投球から5ヶ月、腰痛も完治し、この春は最速145キロを記録したという。この日の庄和戦でも10−0となった5回裏の1イニングに登板し、141キロの力のある球で1回ノーヒット2奪三振に抑えた。「打たれないことを課題にしていた。最初は甘く入ってしまったけど、そこから修正できた。しっかり投げ分けられてよかったです」と話した。

「もう1度、ここに戻ってきた。スピードを求めてやっていて、150キロを目指してやっている。これから抑えてやろうと感じです」と力強く話し、復活の投球を見せた。

またこの日は、3番の藤田大清選手が迫力ある打撃を見せた。初回に痛烈なファースト強襲ヒットを打つと、盗塁も見せた。3回にはライトに痛烈に抜けるタイムリーヒットを打ったが、その前に2球ほど、ライトポール際への痛烈なファウルを打っていた。

ヒットを打ったところで代走を送られ、どこかコンディションの良くない所があるかもしれないが、初回を見た感じでは足も悪くないように見えた。

昨年の関東大会でもこの日と同じ3番ライトで出場していたが、東海大相模を相手に3打数ノーヒット、バントもするなど目立っていなかったが、186cmの左の強打者で、打撃はかなり成長しているように見える。今後、かなり注目される選手になるのと思う。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】花咲徳栄エース金子翔柾が復活登板1回3者凡退2K「抑えてやろう」腰痛完治 - 高校野球 : 日刊スポーツ
花咲徳栄のエース・金子翔柾投手(3年)が腰痛からの復活登板を果たした。10-0で迎えた5回裏、4番手としてマウンドへ。本来の力強い直球が戻り、中飛に2三振で3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

昨秋、関東大会出場も、初戦、東海大相模戦の試合前のブルペンで腰を痛め、本調子でないまま先発マウンドへ。2/3回を投げ被安打4、失点5(自責4)で降板していた。「自分が投げられなくて悔し勝った。チームに申し訳ない」。気持ちを切り替え、体作りから見直し、筋力アップに励んだ。現在は腰も完治。今春は、最速も145キロを記録した。

花咲徳栄は庄和に10ー0で五回コールド勝ち プロ注目の金子は1回無失点「150キロ目指して」/春季埼玉大会
春季高校野球埼玉県大会大会(花咲徳栄10-0庄和=五回コールド、2回戦、25日、県営大宮公園)花咲徳栄は、10安打を放ち、8四死球に敵失などを絡めて春季大会初戦…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント