九州国際大付2年・佐倉侠史朗選手が九州大会で一発

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

来年のドラフト注目選手の1人、九州国際大付の佐倉侠史朗選手が、春季九州大会の東明館戦で2ランホームランを放った。

スポンサーリンク

ライトスタンド中段に

佐倉侠史朗選手はこの日、4回ノーアウト2塁の場面で、インコースのカーブを振り抜くと、打球はひなたサンマリン宮崎球場のライトスタンドの中断に飛び込むあたりとなった。「入ったなと思った」と確信してベースを周った。

今年、センバツで注目をされ、3試合で11打数4安打2打点もホームランは打てなかった。「レベルが高いところでも長打を打たないといけない」と、センバツ後に戻ってから打撃フォームの改造を行い、体を深く沈ませる形から重心を少し高くし、さらに、オリックス・吉田選手を参考にフォロースルーを大きくした。「打球が上がるようになった。しっかり力強いバッティングができるようになった」と話す。

体も6kg増やして110kgとし、センバツ後の練習試合では3本塁打を放っているという。来年は花巻東の佐々木麟太郎選手、広陵の真鍋慧選手と共にスラッガーとして注目されそうだが、どんどん進化をして歩を緩めることなく進んでいく。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
九州国際大付「2年生四天王」佐倉が高校通算13号!打撃フォーム改造&体重6キロ増110キロさらに進化 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦7試合が行われた。今春選抜8強の九州国際大付(福岡)は東明館(佐賀)を9―1の7回コールドで破り、2季連続優勝へ好発進。注目の2年生スラッガー、佐倉(人ベンに峡の旧字体のツクリ)史朗内野手が4回に右翼席中段への2ランを放つなど活躍した。

福岡に戻ってから打撃フォームの改造に着手した。体を深く沈み込ませる構えから、重心を少し高くするフォームに修正。さらにオリックス吉田正を参考にフォロースルーを大きくした。「打球が上がるようになった。しっかり力強いバッティングができるようになった」。選抜後の練習試合では3本塁打をマーク。筋トレなどで体重は6キロ増の110キロとパワーアップし、手応えを持って宮崎に乗り込んできた。

【高校野球】センバツ8強の九州国際大付が7回コールド発進 2年生佐倉侠史朗が特大2ラン - 高校野球 : 日刊スポーツ
今春センバツ8強の九州国際大付(福岡)が、7回コールドで貫禄を見せた。注目の2年生スラッガー佐倉侠史朗内野手は、4回に右翼席へ特大2ラン。高校通算13号で打線… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

主砲の爆発に、元プロの楠城徹監督(71)は「全然打ってなかったけど、久しぶりだね」とご満悦。5回無死二塁では右翼へ飛球を放ち、走者を三塁へ進めた。「みんな期待されるから大振りになってしまうけど、進塁打は良かったね」とチーム打撃に徹する姿にも目を細めた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント