岩瀬仁紀氏の長男・愛工大名電の岩瀬法樹投手がリリーフで好投

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

中日でリリーフエースとして活躍した岩瀬仁紀氏の長男・岩瀬法樹投手は、最速142キロの速球を投げる右腕投手だ。

スポンサーリンク

似てると良くいわれる

岩瀬法樹投手はこの日の春季高校野球愛知大会決勝の東邦戦で、0−2と劣勢の6回2アウトからリリーフで登板すると、7回までの1回1/3をパーフェクトに抑えた。

自己最速タイの142キロのストレートを投げ、7回も9球でシャットアウト、「思い通りに3人で抑えられたのはよかった」と話した。

父はプロ野球で通算最多セーブの記録をもつ左腕投手だったが、右利きの投手として力強い球を投げる。それでも、フォームは父に似ており、「意識したことはないけど、似てるとよく言われます」と話す。

「スライダーの回転数にはこだわっている。今は去年のけがをする前に戻った状態なので、夏までにもっと上げていきたい」と話し、武器のスライダーをさらに磨いて、愛工大名電で甲子園出場を目指す。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
父は元中日のレジェンド岩瀬仁紀さん、愛工大名電・岩瀬法樹、似ているフォーム『武器』も父と同じスライダー【高校野球愛知県大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇4日 高校野球春季愛知県大会決勝 東邦3―0愛工大名電(岡崎レッドダイヤモンドスタジアム)【写真】現役時代の岩瀬仁紀の投球フォーム ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント