関東第一・井坪陽生選手が三塁打2本マーク、中日・西武などスカウト視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

50m6.0秒の足に高校通算15本を越すホームランを放つ長打力、そして投手としても144キロを記録する三拍子揃った関東第一の井坪陽生選手が、春季関東大会でアピールした。

スポンサーリンク

2球団視察

甲府城西と対戦した関東第一、井坪陽生選手は1回、1アウト2塁の場面で右中間へ先制の3ベースヒットを打つと、5回にもレフトフェンス直撃の3ベースヒットを記録した。「球速があるピッチャーだったの直球は右方向へ、変化球はゾーンに来たら振ることを心がけました。」と話した。

そして、「長打力もですがアピールしたいのは足」と話し、この日は中日、埼玉西武などのスカウトが視察に訪れていたが、50m6.0秒の足で3ベースヒットでアピールした。

東京大会ではやや調子を落としていたが、「体の開きを抑えるように意識した」と打撃フォームをチェックし状態を戻した。「今大会は優勝を狙います。夏に向け課題を見つけてレベルアップしたいです」と、さらに活躍すると意気込みを見せた。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
関東第一のスピードスター井坪がマルチ三塁打「アピールしたいのは足」【春季高校野球関東大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇21日 春季高校野球関東大会1回戦 関東第一4―0甲府城西 中日、西武などのスカウトの前で、関東第一の井坪が、50メートル6秒の快足...

中日、西武などのスカウトの前で、関東第一の井坪が、50メートル6秒の快足で三塁打2本をマークした。1回1死二塁で直球にさからわず右中間へ先制三塁打。5回にはスライダーを引っ張り左翼フェンス直撃で三塁を陥れた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント