【夏の高校野球】埼玉大会は浦和学院・金田優太選手に注目、この日もヤクルト・DeNA・楽天が視察

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

夏の高校野球・埼玉大会の組み合わせが決定した。センバツベスト4の浦和学院は遊撃手の金田優太選手が注目され、この日の練習試合にも東京ヤクルト、横浜DeNA、東北楽天の3球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

3球団のスカウトが視察

組み合わせ抽選のあったこの日、浦和学院は二松学舎大付と練習試合を行い、3番ショートで出場した金田優太選手は2安打を打った。「1打席目と4打席目に打てているけど、3打席目は完全に抑えられました」と話した。

また金田選手は投手としても130キロ後半の速球を投げ、二刀流として活躍が期待されるが、この日は8回に登板したものの、2安打1四球で2失点し、「このままでは夏は厳しいと思いました」と反省した。

この日はエース・宮城誇南投手が投げなかったものの、4−2で勝利した。二松学舎大付もプロ注目の左腕・布施東海投手が登板し完投したが、森監督は「昨秋よりキレが良くなった布施君に対して、よく攻めたと思う」と話し、打線を評価した。

この日、夏の埼玉大会の組み合わせが決定、浦和学院は共に勝ち上がれば、準決勝で145キロ右腕の金子翔柾投手や高校通算10本とし注目スラッガーに成長した藤田大清選手のいる花咲徳栄と対戦することになる。

他にも高校通算33本塁打の山村学園・坪井蒼汰選手や、投手でも浦和麗明の左腕・吉川悠斗投手、西武台の右腕・渡邊新太投手などがいる。投打に選手が整った浦和学院が再び甲子園に出場するか注目したい。

2022年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
浦和学院の二刀流・金田優太、高校最後の夏は必ず日本一導く 埼玉大会組み合わせ抽選
第104回全国高校野球選手権大会(8月6日開幕、甲子園)の出場権を懸けた埼玉大会の組み合わせ抽選が15日、さいたま市内で行われた。今春の選抜大会で4強入りした浦…

今春の選抜大会で本塁打を放った打撃と、抑え投手との二刀流で4強入りに貢献した。この日はヤクルト、楽天、DeNAのスカウトが視察する中、救援した八回に2安打1四球で2失点。投手としては「このままでは夏は厳しいと思いました」と不満顔だった。

【埼玉】プロ注目山村学園・坪井蒼汰「挑戦者の気持ちで」創部初の甲子園へ嵐巻き起こす - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
創部初の甲子園へ-。今春関東大会4強の山村学園が坪井蒼汰主将(3年)を中心に、今年も嵐を巻き起こす。8強だった昨夏。6人の投手を使った「マシンガン継投」で花咲… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
春の関東大会で2本塁打の山村学園・坪井主将 Vへ誓い「自分たちの代で」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)の埼玉大会と大分大会、南北海道大会の函館支部、北北海道大会の旭川、十勝、空知支部の組み合わせが15日決まった。埼玉大会の開会式(7月8日)では、3年ぶりに全校の入場行進を実施。今春選抜4強で5季連続の県大会優勝を狙う浦和学院は、初戦で浦和東と対戦する。
【埼玉】浦和学院は「超攻撃型野球」で優勝候補筆頭、花咲徳栄は3年ぶり甲子園目指す 展望 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
第104回全国高校野球選手権埼玉大会(7月8日開幕)の組み合わせ抽選会が15日、さいたま市内で行われた。【展望】今春まで4季連続県王者の浦和学院は投打に安定し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント