夏の高校野球・愛知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球・愛知大会は昨年ほど豪華ではないものの、今年、来年のドラフト会議で注目されそうな投手・野手がいる。ドラフト注目度はA

スポンサーリンク

地区

秋は享栄が優勝し至学館が準優勝。ベスト4に中部大春日丘と星城が入った。春は東邦が優勝し愛工大名電が準優勝、豊川と星城がベスト4入り。

私学4強の中で、チームの状態を上げてきた東邦、愛工大名電、享栄が優勝候補となり、豊川、至学館、星城、誉などがその壁を突破するべく挑戦する。中京大中京は春は3回戦で敗退したが、有力な選手が集まってくるチームで、敗戦から大きく変わってくるかも知れず、ノーシードながら優勝候補になるだろう。

注目選手

誉高校のイヒネイツア選手は184cmの大型遊撃手で、守備ではとにかくダイナミックで粗さもあるが瞬発力を生かしたプレーをする。打撃でも衝撃的な当たりを見せており、140キロを記録する強肩から外野手として評価する声も上がっている。

投手では東邦の三浦心空投手が147キロ、愛工大名電の有馬伽久投手、山田空暉投手も147キロを記録し、有馬投手は左腕、山田投手は182cmと上背のある右腕投手。星城の田島善信投手も182cmから146キロの速球を投げるが、昨年に注目された投手たちと比べると、ドラフト指名確実と言えるような投手はいない。

しかし、2年生では享栄の東松快征投手が左から149キロの速球を投げ、東邦の宮國凌空投手も175cm右腕で149キロの速球を投げる。東松投手は来年のドラフトの目玉クラスとなりそうだ。

その他の選手

愛工大名電は有馬、山田投手の他にも中日で活躍した岩瀬氏の長男・岩瀬法樹投手が142キロを投げる右腕投手として、また栢工力輔投手も182cmから143キロの速球を投げる投手として控える。これらの投手陣をリードする2年生の秋葉奨太捕手の成長も期待される。

東邦も三浦、宮国投手の他に、畠幸輝投手が180cm82kgのガッチリした体から144キロを記録、内田龍承投手は170cmだが135キロのストレートで本格派タイプの投手。中学時から実績も十分。それらの投手をリードする落合智哉捕手も170cmと上背はないが強肩強打で注目される。4番も170cm城幸佑選手が務めるが、パンチ力ある打撃で高校通算15本を超える。2年生の古山海帆選手も長打力が魅力の選手。

享栄は東松投手の他に、3年生の藤本逸希投手が制球力抜群の左腕投手で139キロの速球を投げる。磯部祐吉投手は右サイドから145キロを記録し、安藤瑠騎飛投手も角度のある140キロの球を投げる。こちらも関颯太捕手という注目選手がおり、セカンドまで1.8秒台の強肩を見せる。

中京大中京は高橋、畔柳とエース続いた大エースが今年はいないが、カットボールを駆使する山田悠貴投手などが失点を少なくし、190cm90kgの大江嶺選手が高校通算20本の打力でカバーする。大江選手は投げても139キロを記録しており、登板があるかも知れない。2年生捕手の池田裕次郎選手は183cm86kgの大型選手で入学時から注目されている。

誉の間井蒼生選手は高校通算40本を超え、1年生の田所璃乙選手は1塁到達3.91秒の俊足で、イヒネ選手を挟む打線は驚異的。

星城は田島投手の他にも140キロを記録する後藤海斗投手や139キロを記録する島袋大翔投手ががおり層が厚く、高校通算21本塁打のスラッガー・溝崎悠貴選手、50m6.0秒の俊足打者・中川大雅選手など、攻撃陣も多彩。

豊川は182cm右腕の白須輝一投手が長身から角度とキレのある球を投げ、将来性が高い。田崎皐輝投手も2年時から力のある球と鋭い変化球が注目されている。

西尾東のパウエル海投手は187cmの長身から142キロの速球を投げ、プロも注目している。愛知商の岡田雅樹投手も184cm81kgの長身で威力ある球を投げる。南山の木村宗一郎投手も182cmから138キロの速球を投げる。岡崎城西の梶本哲翔投手は左から138キロの速球があり、伸びが注目されている。至学館の加藤希投手は右サイドから140キロの速球とシンカー、フォークを操る。

名城大付の内山貴斗投手は142キロの速球を投げ、スタミナがあり完投できる投手。桜丘の増田怜央投手も力強いストレートを投げる投手で、強肩強打の捕手・中西唯斗選手とのバッテリーが注目される。栄徳も187cmから144キロの速球を投げる大田涼雅投手が一気に有名になるかも、そして2年時から4番を打っている内山航汰選手も180cm83kgの右のスラッガーとして注目される。

刈谷高の谷口真基選手は強肩の外野手として定評があり、1番打者としても成長している。誠信の沢田鋼二選手は監督の次男だが、高校通算25本を超えており、右の大砲として期待される。中部大春日丘の吉川晴太選手は184cmの右の強打者で、東邦の三浦投手の142キロの速球を打ち返すなど力がある。

刈谷北の葭原柚輝投手は130キロ台ながら三振を奪える球を投げ、愛知啓成の東祥大投手も左腕が体に隠れるフォームから137キロの球は打ちにくい。一宮起工科の藤村晃大投手もバランスの良いフォームから130キロ中盤の球を投げる。

愛知黎明の2年生・吉田晴希選手は182cmの左のスラッガーで逆方向にも長打を打てる。

2022年度以降-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント