夏の高校野球・沖縄大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球沖縄大会、148キロ右腕投手など注目の選手がいるものの、全体的に数は少なくドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は興南が優勝、前原が準優勝したものの決勝戦は17−2の大差だった。ベスト4に沖縄水産と北山。春は沖縄水産が優勝し沖縄尚学が準優勝、ベスト4に宮古、前原が入った。

群雄割拠の中で興南、沖縄尚学の実力のある2校、そして勢いのある沖縄水産が優勝争いをしそう。

注目選手

未来沖縄の大城元投手は、180cm80kgの右腕投手で最速は148キロを記録する。リリーフで登板して球威で押し込む投球をし、プロのスカウトも注目している。

中学時に侍ジャパンU15代表を経験し、1年時に138キロの速球を投げて注目された沖縄尚学の仲宗根大斗投手、その後、球速の伸びといった情報がないものの、181cmの本格派右腕投手の高校最後の投球を見てみたい。

その他の選手

興南高校にタレントが集まる。昨年にリリーフとして140キロの速球を見せた生盛亜勇太投手と、185cm82kgの大型捕手で沖縄屈指の強打者の盛島稜大選手、そして100m11.4秒の足をもつ禰覇盛太郎選手に、2年生左腕投手で130キロ中盤のストレートと変化球を巧みに組み立てる平山航多投手は注目の4選手だ。

沖縄水産は1番の川端南海斗選手が広角に打ち分ける打撃で打率7割を記録し、4番の知念琉月選手は180cm85kgの体から痛烈な当たりを見せる。

沖縄尚学は仲宗根投手から背番号1を奪っている吉山太陽投手が、高い制球力を持ち、低めにストレートと変化球を集める投球で、春はノーヒットノーランも記録した。

前原高は169cmながら143キロの速球を投げ、投球の実績も多い上原望生投手と、167cm78kgながら楽々とスタンドに放り込む長打が魅力の目取真悠月選手、高い打率を残せる後藤寧公選手やショートの新里紹舜選手も動きの良さを見せる。

北山高は166cmのエース・知念夢翔投手が130キロ後半の伸びのあるストレートを投げ、スライダーとのコンビネーションに定評がある。

既に1回戦が行われており、前原、北山が敗れる波乱の展開となっているが、この他のチームから注目選手が登場していることを期待したい。

2022年度以降-高校生-沖縄県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント