夏の高校野球・鹿児島大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球鹿児島大会、昨年より注目されている左腕投手や、将来が楽しみな選手がいるものの、全体的には候補が少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は大島が優勝しセンバツに出場した。準優勝は鹿児島城西、4強に国府中央と樟南が入っている。春は神村学園が優勝、国分中央が準優勝。4強は鹿児島玉龍と樟南が入った。

力を整えてきた神村学園に、秋・春と力を見せている国分中央、樟南、そして好投手を要する大島が昨秋のようなミラクルを引き起こすか。鹿児島実も選手の層が厚い。そして、鹿児島城西は新型コロナの影響により春季大会の出場を辞退していたが、選手の能力は高く優勝候補に入ってくる。

注目選手

大島の大野稼頭央投手は、146キロのストレートはキレが抜群で昨秋から注目されていた。しかし、センバツやその後はやや注目度が小さくなっている印象もある。174cm65kgの体を、さらに作り直してからという声もあるが、良い時の球は圧倒的なものがあり、本人、そしてプロ側がプロ入りのタイミングを模索している感じ。

鹿児島城西の2年生・明瀬諒介選手は、183cm95kgの恵まれた体があり、投げては145キロ、打っても昨秋の鹿児島大会、九州大会、1年生大会で7本塁打を放つなど、レフトスタンドに軽々と運ぶ長打力がある。来年、目玉クラスになる可能性もある選手だろう。

その他の選手

神村学園は、左腕・内堀遼汰投手と右腕・桃北瑛斗投手の140キロ近い球を投げる投手がいるが、総合力で評価された朝吹拓海投手が春はエースとして戦った。3人をどのように起用していくか。打線も花倉凪海選手、富崎大都選手、上迫稜弥選手、福田将大選手とも痛烈な打球を飛ばし、県NO.1の破壊力を見せる。

鹿児島城西も明瀬選手の他に、2年生で体格では引けを取らない池野航太選手、3年生で左の強打者の藤田剛選手の並ぶ打線は迫力があ流。明瀬選手、池野選手は投手としても140キロを越す球を投げ、二刀流での活躍が期待される。

大島は捕手の西田心太朗選手は大野投手とのコンビが良く、評価されている。183cm81kgの武田涼雅選手は打撃の強い内野手だが、投手としても力のある球を投げる。高い打率でランナーを返す中優斗選手、2年生の1番打者・有馬航大選手などがしっかり噛み合えば強い。

鹿児島実はエースの左腕・赤嵜智哉投手が140キロを越すたまを投げ、スライダーで確実に仕留める投球ができる。リリーフで登板する森山遼耶選手は安定感があり、井上亮投手は最速144キロの力のある球で抑える。

鹿児島商の三浦颯真投手は180cm73kgの右腕投手で140キロの速球を投げ、将来が楽しみな投手。鹿児島玉龍の山下薫輝投手は141キロのストレートと多彩な変化球を織り交ぜる投手。2年生の川畑陽介投手はキレの良い速球が魅力の左腕投手。樟南の永吉浩志投手も130キロ後半の球を投げる。

樟南では173cm73kgの町北周真選手が、持ち前のフルスイングで痛烈な打球を飛ばす。川内の猪之鼻大聖選手は長打力もあるがしっかりとヒットを打っていく確実さのある打撃を見せる。

れいめいの本川瑛光投手は左から130キロ後半の速球を投げ、打ってもチームの中心となっている室屋賢伸捕手とのコンビは抜群。

国分中央の安藤奈々利投手は神村学園を9回無失点に抑えた技巧派左腕。

2022年度以降-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント