夏の高校野球・大分大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球大分大会、明豊、大分舞鶴の他に佐伯鶴城、藤蔭などに注目選手がいるが、ドラフト上位指名確実だったり、全体的な人数も多くないため、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋秋は明豊が優勝をしたがセンバツに出場することはできず、準優勝の大分舞鶴が21世紀枠でセンバツに出場した。4強は大分西と佐伯鶴城。

春も明豊が優勝し柳ヶ浦が準優勝、4強に大分商と国東が入った。

明豊が王者として君臨しており、対抗にセンバツを経験した大分舞鶴。この2強を大分商、柳ヶ浦、試合巧者の藤蔭、佐伯鶴城などが追うが、それぞれに決めてがなく、津久見などが勝ち上がってくるかもしれない。

注目選手

佐伯鶴城の古川雄大選手は、185cm91kgと既にプロのような体格があるが、それで50m6.0秒、立ち幅跳びで2.85mを記録する抜群の身体能力がある。投手としても140キロを記録する肩があり、高校通算20本を越すパワーある打撃で、将来性を考えると非常に魅力的な選手だ。プロも注目をしており、ドラフト会議での指名が有力と思う。

また、2年生の投手に楽しみな選手が多い。藤蔭の松石信八投手は173cm68kgと体は大きくないが、145キロ以上の威力あるストレートをバンバン投げてくる。高めに浮いたり制球を乱す場面もあるが、この体でどこにそんなパワーがあるのかというくらいのストレートの威力は非常に魅力だ。

2年生では明豊の森山塁投手が、1年時で既に一番安定感のある投手として登板をするなど、実績も力も評価されている。ストレートは143キロを記録し、まだまだ力を増してゆきたい。大分舞鶴の野上龍哉投手は、188cm75kgと長身から139キロの速球を投げる。体が80kgを越し、ストレートの力が増して来れば、来年は非常に楽しみだ。

その他の選手

明豊は嶽下桃之介選手、宮崎元哉選手の長打力があり、打線の軸として安定している。しかし、投手は森山投手など2年生以下が中心で、2年生の東家迅投手、1年生の野田皇志投手が140キロを越す球を投げているが、軸となる投手がいない。

大分舞鶴は3年生の奥本翼投手が本格派タイプの投手で、センバツでも強打の浦和学院を7回4失点とまずまず抑えていた。力は十分ある。確実な打撃で高い打率を残す都甲陽希選手など攻撃陣が鍵となる。

日田林工の岩下康裕投手は178cm78kgの左腕投手で、130キロ中盤が最速だが、キレのあるストレートとスライダーで明豊なども抑える。西村優翔投手はパワーピッチャーで143キロのストレートでガンガン押してくる。西村選手は4番打者としても力を見せる。

大分高の後藤源英投手は172cm63kgと小柄な左腕だが、140キロのストレートとカーブの緩急がつけられ、スライダー、スプリットで空振りを奪える。中津南の清水遥翔投手は180cmの右腕投手、球速は最速で133キロだが伸びのある球で空振りを奪える。大分上野丘の小野遼河投手も175cmの右腕投手で鋭い腕の振りから140キロの速球を投げる。

国東の白石玲也投手は170cmの左腕投手で、球速は130キロ前後もストレートで空振りを奪う球のキレがある。柳ヶ浦の前田聖矢投手はクロス気味にキレのあるストレートを投げる左腕投手。大分南の橋口翌麻投手は投手に転向してから1年半でまだ粗削りだが、最速は144キロを記録している。

大分商の福田絋史選手は181cm92kgという体で高校通算26本塁打を放っている。大分屈指のスラッガー。中津東の林裕貴捕手は広角に打てる打撃技術があり、筌口耀斗外野手は強肩が光る。

2022年度以降-高校生-大分県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント