山形県高校野球大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球山形大会、149キロの速球を投げる投手の最後の投球が注目される。全体的には注目選手は少なく、ドラフト注目度はC

スポンサーリンク

地区

昨秋の優勝は酒田南、準優勝は鶴岡東で4強は日大山形と山形中央。春は羽黒が優勝し、酒田南が準優勝、山形中央と日大山形が4強に入った。

酒田南、山形中央が安定した力で優勝候補だが、羽黒、日大山形、鶴岡東、山形学院などどこが抜け出してもおかしくない状況。

注目選手

酒田南の田村朋輝投手は、184cm84kgの右腕投手で最速は149キロを記録する。ただ、昨年からずっと注目されており、150キロの壁の突破や圧倒的な投球をしそうな能力を持っているが、春は2試合10イニングの登板でやや制球を乱すなど、まだ納得のいく投球ができていないという感じか。持っている素質は全国屈指の投手だと思うので、夏に自分の納得のいく投球をしてほしい。

羽黒の本間葉琉投手は180cm80kgの右腕投手で最速は145キロを記録、球速をぐんぐんのばしている。バッテリーを組む捕手の川田海選手も184cm84kgの大型捕手で、4番を任せられて痛烈な打球を飛ばす。ドラフト会議での指名があるのではないかと期待される。

その他の選手

昨夏に甲子園に出場した日大山形は、大類興雅投手が最速139キロを記録し、スライダー、フォークなど変化球も安定している。バッテリーを組む梅津康生捕手も昨夏に滝口投手の球を受けていたこともあり、センスが磨かれている。俊敏な動きの遊撃手・大場陽南斗選手も注目したい。

酒田南は田村投手が本調子でなくても選手層が厚い。2年生の左腕・阿部勇翔投手と鈴木倖神選手はすでに試合を任せられるような安定感があり、神原健人選手、中圭佑選手、桐花幸甫選手の2年生も打力が十分にある。高い打率をマークし、遊撃手として守備の要の3年生・西田彪牙主将が2年生の多いチームをまとめて強さを発揮する。

山形中央は武田陸玖選手が投打の中心で、投げては左から140キロの速球と投げる。広角に打ち分ける打撃技術もある選手。好打者タイプの高木楓河選手、小原佳剛選手がチャンスを作り、2年生の木村祐葵選手は飛距離が出る選手。

鶴岡東は右サイドから130キロ後半の速球を投げる小林廉投手、184cmの大型左腕の矢部充稀投手、安定した左腕投手の西村航生投手を、土屋泰人捕手が匠にリードする。

東海大山形は鈴木拓磨投手が138キロの速球を投げ、山形城北の遠藤広貴投手の伸びのあるストレートでリリーフで登板し三振を奪う。新庄神室産の梅本竜聖投手は178cm79kgの右腕投手で140キロをこすストレートを投げ、注目される。

米沢中央の今井朝日選手はストレートが140キロ中盤を記録するという情報があるので、投球を確認したい。

2022年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント