夏の高校野球・長崎大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球長崎大会、楽しみな投手が複数いる一方で、例年よりもドラフト注目選手がやや少ない感じで、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は海星が優勝し、長崎日大が準優勝。創成館と諫早農業は4強に入った。

春は波佐見が優勝し、大崎が準優勝。九州文化学園と諫早農業が4強に入っている。

上位陣が入れ替わる乱戦模様で、海星、長崎日大、創成館、波佐見、大崎、諫早農業などが優勝争いをしそうだが、九州文化学園、長崎南山なども勢いづいて勝ち上がってくるかもしれない。

注目選手

海星の宮原明弥投手が注目。181cm95kgのしっかりとした体がある右腕投手で最速は146キロを記録。ストレートの重さもあるが、スライダー、カットボールなどでとにかく速い変化球で押してくる。長崎NO.1投手だろう。

大崎の勝本晴彦投手は特徴がある。昨年も球速が130キロ台前半でも、181cmの角度のあるストレートで抑えていたが、球速が140キロに到達し、低めに突き刺さるストレートの魅力がますます上がった。きれいなフォームで非常に楽しみ。

その他の選手

長崎日大は182cmの大型遊撃手・百武伸選手が素質を持っていると評価され、50m5秒台の俊足・前田凱地選手や強肩俊足の立川慶之介選手、2年生の平尾大和選手も走攻守揃った選手で1番を打つ。そして中軸の河村恵太選手の打撃は迫力がある。138キロの切れで勝負する種村隼投手と1年生で伸びのある140キロの球を投げる渡辺登投手など、投手陣が踏ん張ればバランスの取れたチームになる。

大崎は183cm86kgの田栗慶太郎選手が県屈指の強打者で注目され、体は大きくないが痛烈な打球を打つ中村祐斗選手も楽しみ。2年生の山口莉貢投手も140キロを記録しており、勝本投手と2枚看板で臨みたい。

長崎商は大坪迅選手が当たりだしたら止まらない強烈な打撃をする。二塁まで1.9秒台の強肩捕手・伊藤大晟選手や長打を打てる中村幸慈選手、左腕の綾部倖太選手など、楽しみな選手がいる。

創成館は143キロの速球を投げる石本翔大投手が注目されるが、2年生の福盛大和投手が180cm85kgの大型右腕で伸びのあるストレートを投げ、2年生で185cmの大沼斗夢選手も柔らかい打撃を見せる。

海星は控えの向井恵理登投手も179cmから140キロを超す球を投げ、強肩と好リードで評価の高い西村陽斗捕手も注目。

長崎南山の松田弦樹投手は、184cm72kgの左腕投手で、球速は141キロを記録するがまだ体も大きくなりそうで、これからが楽しみな選手。波佐見の片渕優斗投手は173cm90kgの右腕投手で、140キロの力強い球を投げる。波佐見の2年生・田中響選手は鋭いスイングが特徴で、結果を残したい。

2022年度以降-高校生-長崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント