夏の高校野球・愛媛大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球愛媛大会、甲子園でも名の通った高校が多いが、今年はドラフト上位候補やドラフト候補の数が少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は新田が優勝し、西条が準優勝。松山学院と済美が4強に入った。

春は松山商が優勝し松山聖陵が準優勝、松山学院と西条が4強に入った。

チームを整えてきた松山商や松山聖陵と、昨年覇者の新田、そして西条、新興の松山学院などが優勝争いをしそうだ。

注目選手

西条の高橋賢臣投手は180cm80kgの右腕で、最速は142キロを記録し、常時でも130キロ後半を記録する。50m5.9秒の足もあり、ポテンシャルの高い選手。

今治北の伊藤颯太朗投手も180cm80kgの右腕投手で、スリークォーターから145キロの速球を投げる。まだ投球の経験が浅く未完成だが、素質を十分感じさせる。

その他の選手

西条は130キロ後半の球を投げる高橋圭佑投手、2年生の盛實愛斗投手も182cmから130キロ中盤の速球を投げ、投手陣が安定している。

新田は向井駿貴投手が球質の良い140キロのストレートを投げ、フライでアウトを奪う。控えの森慎之助投手も130キロ中盤の速球を投げ、主砲の乗松慶太選手は182cm88kgの体からライトスタンドに放り込む。

小松高は愛媛屈指の左腕・亀崎遥投手が130キロ後半の速球とカーブを織り交ぜた投球をし、俊足の大西僚一選手や強打の藤原完瑛選手など、能力の高い選手がいる。

済美はキレの良い球質の有請倖投手と、重い球質の樫原晃樹投手の2枚看板がそれぞれ130キロ中盤を記録する。

今治西は180cm88kgの左のスラッガー・篠宮康輔選手が注目され、2年生右腕でキレの良い球を投げる松田真拓投手が期待を集めている。

松山商は清家瑛投手が130キロ中盤のストレートをコーナーに投げ分けられる制球力がある。捕手の西岡龍樹選手は主将として4番としてチームを引っ張る。

松山聖陵は187cm90kgの森田剛至選手が柔らかい打撃の1番バッターとして注目され、130キロのキレの有る球を見せる喜納成龍人投手、2年生で長打力を見せる山重奏祈選手などがいる。

松山学院は2年生の佐久間柊希投手が139キロの切れのある球を投げ、3年生の與古田敬選手と大城来気選手は、それぞれ一発のある中軸を形成する。

宇和島東の武田善選手は、150キロを記録するスイングスピードで高校通算20本を超すホームランを打っている。投げても138キロの強肩外野手。大洲農の兵藤英斗選手は、177cm130kgの巨漢選手で、高校通算21本塁打を放っている。

2022年度以降-高校生-愛媛県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント