デイリースポーツが選ぶ注目高校生野手、高松商・浅野選手、八戸工大一・葛西選手、天理・戸井選手、花咲徳栄・藤田選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

デイリースポーツは昨日の投手編に続き、この日は高校生・今秋ドラフト候補特集「野手編」を掲載している。

スポンサーリンク

注目4選手

高松商の浅野翔吾選手は、高校通算が60本となった。春季四国大会の後に、これまでよりも下半身主導を意識したフォームにすると「今までよりもインパクトを大事にできた」と話し、済美との練習試合では1試合3本塁打ですべて場外弾、5,6月の2ヶ月で16本塁打を量産した。

170cm86kgと、体は決して大きくないが、パワーではなくしっかりとバットに乗せて運んでいくスイングは、ホームランアーチストとしては今年NO.1と評価できる。

プロも注目度はもともと高く、昨年秋の時点で今年NO.1くらいの評価だった。そして3月の紅白戦を視察した埼玉西武の前田育成・アマチュア担当チーフは「非常に野性味のある選手」と評価し、6月4日の招待試合では阪神が和田TA以下4人態勢で視察をしている。

将来の主砲候補として注目されており、肩や足でも大きくアピールできる選手で、ドラフト会議では上位指名は確実、ドラフト1位指名の可能性が高いと思う。

八戸工大一の葛西凛選手は、チームの4番捕手として不動の存在。二塁送球は1.9秒台を記録し、昨年には正捕手として、黒田将矢投手(埼玉西武ドラフト5位)の球を受けていた。「盗塁を刺して投手の調子を上げていけたら」と話し、将来的に「プロ野球選手になりたい」と話す。

天理の戸井零士選手は少年野球時代の華やかな経歴があり、1年時から注目されていた。侍ジャパンU12代表ではW杯で首位打者と外野手のベストナインに輝いた。入学した天理でも1年時から内野手として活躍し、昨年春のセンバツでは星稜のマーガード真偉輝投手から二塁打を打った。

東京ヤクルトの小川GMは「スイングする体の力は本当にある」と評価する。希望進路はプロ、まずは夏の甲子園出場を目指し、その先に道は続く。

花咲徳栄の藤田大清選手は187cm82kgの体のある左のスラッガーで、「1番はプロ野球選手になりたい」から花咲徳栄に入学した。西武・西川愛也選手や広島・韮澤雄也選手、ソフトバンク・井上朋也選手や北海道日本ハム・野村佑希選手といったプロに進んだ先輩の姿を参考に打撃フォームを研究して作っているが、特に西川選手の打撃に「フォームに癖がない、柔らかいバッティングにすごく憧れている」と話す。

昨年秋の時点ではそれほど注目されていなかったが、この春の埼玉大会では、ヒットになった打球だけでなく、強烈なファウルも多かった。そして50m6.2秒の足もある選手で、二塁までの走塁も迫力がある。昨日の浦和黎明との練習試合では3安打を記録し、スタンドには10球団のスカウトが集まっていた。プロの注目度もますます高くなっている。

「最近は甲子園出場が途絶えていて、またあの舞台に帰るという気持ちがある。1秒も無駄にできない」と話す藤田選手、まずは甲子園に出場し、その舞台で大きなあたりを見せたい。

デイリースポーツでは、今秋ドラフトの主な注目高校生野手を、一覧表で挙げている。

守備選手名高校投打身長体重
捕手田代旭花巻東右左18086
葛西凛八戸工大一右右18175
松尾汐恩大阪桐蔭右右17876
野田海斗九州国際大付右右17374
内野手金田優太浦和学院右左18176
内藤鵬日本航空石川右右180100
戸井零士天理右右18085
外野手藤田大清花咲徳栄右左18782
西村瑠伊斗京都外大西右左17875
海老根優大大阪桐蔭右右18286
浅野翔吾高松商右両17086
黒田義信九州国際大付右左18072
2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
高松商・浅野 高校通算60発 量産体制のスラッガー スイッチにも本格挑戦/デイリースポーツ online
 第104回全国高校野球選手権の地方大会がすでに始まっている。まだ全国の舞台でベールを脱いでいない逸材も多く、今秋ドラフト候補を、デイリースポーツ・アマ野球担当が投手・野手に分けて紹介。今回は米大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏に並ぶ、高校通算60発を記録している高松商(香川)・浅野翔吾外野手(3年)ら野手4...
八戸工大一・葛西 みちのくの鬼肩 ソフトバンク・甲斐を参考に/デイリースポーツ online
 第104回全国高校野球選手権の地方大会がすでに始まっている。まだ全国の舞台でベールを脱いでいない逸材も多く、今秋ドラフト候補を、デイリースポーツ・アマ野球担当が投手・野手に分けて紹介。今回は野手を取り上げる。  ◇  ◇
天理・戸井 攻守万能ショート ヤクルト・小川GMは力強い打撃を評価/デイリースポーツ online
 第104回全国高校野球選手権の地方大会がすでに始まっている。まだ全国の舞台でベールを脱いでいない逸材も多く、今秋ドラフト候補を、デイリースポーツ・アマ野球担当が投手・野手に分けて紹介。今回は野手を取り上げる。  ◇  ◇
花咲徳栄・藤田 長打力が魅力の大型外野手 NPB入り熱望/デイリースポーツ online
 第104回全国高校野球選手権の地方大会がすでに始まっている。まだ全国の舞台でベールを脱いでいない逸材も多く、今秋ドラフト候補を、デイリースポーツ・アマ野球担当が投手・野手に分けて紹介。今回は野手を取り上げる。  ◇  ◇
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント