夏の高校野球・山梨大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球山梨大会、安定して評価されている投手や、素質を高く評価される野手がいるものの、全体的にドラフト候補はやや少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は山梨学院が優勝し帝京三が準優勝、日川と東海大甲府が4強に入った。

春も山梨学院が優勝し、甲府城西が準優勝、東海大甲府と日川が4強に入っている。

山梨学院が優勝候補NO.1で、そこに東海大甲府、日川、帝京三、甲府城西が挑戦する形になる。

注目選手

山梨学院の榎谷礼央投手は、昨年秋、センバツ、そして今年春と安定して自分の力を出し、少しずつ力が増してきている。140キロ中盤の速球に制球が安定した投球、マウンド上の冷静さなど、将来が楽しみな投手だ。

東海大候補の森木千汰郎投手は180cmの右腕投手で、最速145キロの球の力がある。制球の課題があるが、将来が楽しみな投手。

野手でも山梨学院の相沢秀光選手、岩田悠聖選手、鈴木斗偉選手、山本和輝選手はいずれも高校通算20本塁打を超す強打者で肩や足なども評価されている。東海大甲府の猪ノ口絢太選手も1年時から非常に高く評価されてきた選手で、やや伸び悩みの印象もあるが、身体能力の高さを含めてポテンシャルの高さを感じる。

2年生に楽しみな選手が多い。山梨学院の高橋海翔選手は、相沢選手などの3年生スラッガーを押しのけて主軸を打つ力のある選手。岳原陵河投手は187cm82kgの右腕投手で140キロ台のストレートを投げ、榎谷投手の後継者。駿台甲府の平井智大投手は188cm85kgの右腕投手で、既に146キロを記録するストレートの力は計り知れない。甲府城西の末木賢也投手は球速は130キロ前半も伸びのある球を投げ、既にエースとしてチームの柱になっている。

その他の選手

山梨学院は控えの山田悠希投手も130キロ後半の速球を投げる。2年生遊撃手の進藤天選手もフットワークの良さが光る選手、星野泰輝選手は俊足が光る2年生で来年も楽しみ。

東海大甲府は巧打の乙黒颯斗選手、打撃の良い2年生の立石怜久選手、キレの良い球を投げる山口優星投手など選手層が厚い。

駿台甲府の森本耕志郎選手は178cm85kgの捕手で、二塁送球1.9秒台の肩と通算10本塁打の長打力がある。和田遥佑内野手は昨年春にヒットを量産し、優勝に貢献した選手。

帝京三の星野聖稀選手は、185cm85kgの体が有り、チャンスに強い打撃を見せる。三上大貴投手も141キロの速球を投げる。

身延高の浦野瑶平投手は181cm74kgの左腕投手で、大型左腕投手として注目されている。捕手の常木光星選手も二塁送球1.9秒でキャッチングも良い捕手。富士学苑の白須亜斗夢投手は力強い球を投げる左腕投手。甲府第一の川口凛太郎投手は183cm82kgの長身右腕投手で、その投球を見てみたい。

日本航空の土橋広夢選手は、昨年夏の甲子園で活躍を見せた選手。甲府城西の山口貫太捕手は末木投手を巧みにリードする。

2022年度以降-高校生-山梨県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント