183cmの140キロ右腕・南山の木村宗一郎投手がまさかのコールド負け、「大学で野球を続けたい」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

183cm84kgの右腕投手で最速140キロを記録し、愛知県で好投手と評価されていた南山の木村宗一郎投手が、岡崎西打線に捕まり6回途中10安打9失点し、6回コールドで初戦で姿を消した。

スポンサーリンク

4,5回から力があまり入らなくなった

木村宗一郎投手は183cm84kgの体から、2年生の夏に138キロを記録して注目されるようになった。今大会前までに140キロの大台にも達し、その投球が注目されていた。

初回、制球に苦しんだものの1アウトから2回まで4者連続を含む5つの三振を奪う。もともとカーブ、スライダーを織り交ぜる投球が持ち味で、3回、4回も緩急でピンチを凌いだ。

しかし1−0の5回に下位打線に連打を許すと、タイムリーヒットと3つの内野ゴロで3失点、そして6回には4安打2四球に2つの暴投が絡み4点を失った所で降板した。後続も抑えることができず、1−11でコールド負けとなり、木村投手は5回1/3で10安打8奪三振9失点という内容だった。

昨年夏に左膝に炎症を起こし、悪い状態が続いていたという。この日も「序盤は良かったが、4~5回くらいから力があまり入らなくなった。抜ける感じがあった。速さにも慣れられて合わせられた」と話す。

短い夏が終わってしまった。しかし、木村投手は関西か愛知の大学で野球を続けたいと話す。「真っすぐもコントロールも伸ばしたいし、体力もつけないといけない。もっとトレーニングして、もっと走って」と、頭の中には現在の課題と、将来に向けたプランが駆け巡っていた。

大型右腕投手で可能性が十分あると思う。多くの大学から声がかかっていると思うが、次のステージでどのような投球を見せるか注目したい。

夏の高校野球・愛知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球・愛知大会は昨年ほど豪華ではないものの、今年、来年のドラフト会議で注目されそうな投手・野手がいる。ドラフト注目度はA
2022年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
「いつもの力が全然出せず」好投手・木村宗一郎が打ち込まれ南山がコールド負け【高校野球愛知大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)の出場権を懸けた愛知大会が2日、開幕した。好投手という評判だった木村宗一郎投手(3...

卒業後は関西か愛知の大学で野球を続けたいという。さらなるレベルアップに向け「真っすぐもコントロールも伸ばしたいし、体力もつけないといけない。もっとトレーニングして、もっと走って…」と課題を掲げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント