夏の高校野球・新潟大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球新潟大会、今年は昨年からプロが注目している投手が複数人おり、ドラフト上位指名の確率もかなり高い。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は北越が優勝し、日本文理が準優勝。4強に東京学館新潟と帝京長岡が入った。

春は東京学館新潟が優勝し、日本文理が準優勝。中越と新潟明訓が4強に入っている。

日本文理と東京学館新潟が安定して強く優勝候補となる。新潟明訓や北越、中越、帝京長岡などが優勝争いに絡んできそうだ。

注目選手

日本文理の田中晴也投手は、昨年の甲子園で140キロ中盤の速球を記録し、その前の新潟大会では圧巻のホームランを放っている。186cm82kgの体もあり、投手としてもスラッガーとしても、将来性を高く評価し、欲しい球団は多いのではないかと思う。全国でも屈指の選手の一人で、ドラフト会議では上位指名の可能性が高いと見られる。

帝京長岡の茨木秀俊投手は、184cm83kgの右腕投手で、きれいなフォームは安定感があり、2年生の時点で143キロのストレートは魅力十分だった。しかし、3年の現在に至るまで不調が続いており、思うような成長が見られていない。持っている素質は非常に高く、プロ志望をすれば指名の可能性はありそうだ。

その他の選手

日本文理は187cm100kgの玉木聖大選手が右の大砲として非常に楽しみな存在で、174cm72kgながら長打力もある竹野聖智選手、そして2年生で146キロの球を投げる高橋史佳選手も打撃の中心になれる強打者。

帝京長岡もともに内野手でセンス抜群の水瀬匡亮選手と幌村黛汰選手から、中軸を打つボーウェイジャン選手へつながる打線が特徴で、1年生で秀俊投手の弟の茨木佑太投手も、1年生の時点で130キロを記録し、背番号11でベンチ入りをする。

新潟明訓はエースの川瀬直投手が130キロ後半のストレートにカーブ、スライダーなどをうまく織り交ぜ、実戦的で勝てる投手。攻撃の中心・反町謙介選手は190cm100kgと見事な体があり、高校通算25本塁打を放つパワーは驚異的。

東京学館新潟の中町龍之介投手は181cm91kgの右腕投手で143キロのストレートに威力があり、縦に変化する球を駆使して抑える。右のアンダースローで130キロ中盤の球を投げる羽吹幸隼投手や、2年生で左腕の涌井陽斗投手も面白い。野手では180cm83kgの左の大砲・上村泰雅選手がチャンスに強い打撃を見せる。

中越の小幡拳志郎投手も新潟屈指の好投手。180cm82kgの右腕で最速は143キロを記録し、そのストレートの力で2桁の三振を奪って抑える投球を見せる。上越の近藤佑大投手も178cm83kgの左腕投手で、安定したフォームから130中盤の速球を投げ込む。

北越の山倉大武投手は181cmの左腕投手でキレの良いストレートを高さの角度をつけて投げる。リードとフットワークの良い捕手・宇野浩平選手とのバッテリーも良い。そして2年秋にサイクル安打を達成した長谷川泰暉選手はパワーと技術を併せ持った打者。

新潟産大付属の早川渓介選手は180cm73kgの外野手で、強打と俊足の1番打者で、外野手としても強肩で広い守備範囲がある。志賀翼選手も高い打率を残し、強肩の外野手として注目したい。村上桜ヶ丘の山崎理生選手も体があり、俊足と確実な打撃が魅力。加茂暁星の齋藤大優選手は185cm87kgの大型選手で長打を連発する。

新潟工の右の板倉鉄投手と左の桐生隼投手はともに緩急をつけた投球を見せる。

2022年度以降-高校生-新潟県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント