夏の高校野球・神奈川大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球神奈川大会、例年は横浜高や東海大相模を筆頭に、この時期には既にドラフト指名は確実というような選手がいるが今年はいない。全体的な候補は多いため、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は東海大相模が優勝し、向上が準優勝、桐光学園と横浜商大附が4強に入った。

春は桐光学園が優勝し桐蔭学園が準優勝、藤沢清流と横浜商が4強に入っている。

投打にバランスの良い桐光学園に、選手層の揃う桐蔭学園が優勝候補、主力がやや調子を落としているものの、選手層の厚さは全国クラスの東海大相模が調子を取り戻すか。同じく素質の高い選手のいる横浜がまとまったチームを作れるか。

他に、向上、横浜商大高、慶応、日大藤沢などの強豪もチーム力をアップさせてきそうで、激戦模様になるのは間違い無さそうだ。

注目選手

鎌倉学園の松本直投手は180cm87kgの右腕投手で最速148キロを記録、制球の課題はあるものの、その力強いストレートは神奈川NO.1。他にも桐蔭学園の山口凱矢投手が177cm80kgの右腕で144キロを記録、キレの良い速球を投げる。桐光学園の針谷隼和投手も175cm77kgで144キロを記録し、実践的な投球をする。東海大相模の求航太郎投手は2年時に見せたポテンシャルの高さをまだ発揮できていない。最後の夏にどんな投球をするか。

将来が楽しみな素材型の投手では大師高の澤田寛太投手が186cm85kgの右腕で最速は147キロをを記録している。春は本調子ではなかったが夏に最高の状態で投げられるか。藤沢清流の木島直哉投手が185cm89kgの大型左腕投手で、現時点では130キロ中盤の速球などでうまい投球を見せるが将来性は十分。横浜創学館の遠藤稔平投手も183cm85kgの右腕で投球のうまさがある。日大藤沢の飯島拓哉投手は188cmから143キロ、五十嵐良太投手は193cmから138キロの速球を投げ、大型投手として注目したい。

野手ではキャッチングやスローイングなど、早くから捕手の能力を高く評価されている横浜隼人の前嶋藍選手にプロのスカウトが注目している。桐蔭学園の相澤白虎選手は50m5.9秒の俊足でスピード感のある内野手で、将来的に注目される選手になりそうだ。

その他の選手

東海大相模は181右腕の庄司裕太投手が142キロ、172cmの右腕・庄田聡史投手が140キロを記録し、南琉人投手や2年生左腕の山内教輔投手や、1年生で193cmの左腕・藤田琉生投手など非常に層が厚い投手陣に、左腕投手だった武井京太郎選手がホームランを打ち始め、野手も俊足、強打の選手で層が厚い。1年生・長尾幸誠選手は187cm82kgの右のスラッガーとして注目される。

桐光学園は素晴らしい打撃を見せる1番の篁哲郎選手に、強打の捕手・石井嘉朗選手、シャープな打撃の今井海斗選手に、2年生で俊足が光る矢竹開選手や、1年でショートを守る中村優太選手など注目選手が多く、130キロ後半の速球を投げる中平陽翔投手もエース・針谷投手を救援する。

桐蔭学園も2年生の180cm80kg左腕・岡嶋大和投手が次期エース候補として期待され、スライダーの良い山本快投手も楽しみな2年生。50m5.9秒の俊足1番の小林啓剛選手はパンチ力もあり、牧野竜也選手、2年生の米倉凛選手など能力の高い選手が揃う。

横浜高校は3年生の安藤岳投手、183cm左腕・佐竹剛義投手や181cm右腕・田高康成投手、そして1年生でエースとして投げていた180cm左腕の杉山遙希投手が踏ん張り、2年生で185cm83kgの右のスラッガーで4番を打つ萩宗久選手、昨年に1年生ながら甲子園で印象的なホームランを放った緒方漣選手に、バットコントロールの良い3年の岸本一心選手や昨年に高い打率を残した玉城陽希選手が繋いでゆきたい。

向上の佐藤諒音投手は187cmの大型右腕投手で、179cm87kgでプロが注目する廣田翔馬捕手とのバッテリーは注目。廣田選手は二塁送球1.8秒台の肩を見せる。

横浜商大高の浜田大翔投手は最速144キロを記録する右腕投手で、打線も2年生の寺松春輝選手と田中健二郎選手などが繋いでゆきたい。慶応義塾は捕手の吉開鉄朗選手が打撃も良く、力のある吉野太陽選手や2年生の清原勝児選手など、体のある選手が揃う。

平塚学園も180cm80kgの伊藤要投手が140キロを記録し、185cm83kgの左腕・中村翔投手、165cmでキレの良い変化球を投げる辻快翔投手など楽しみな選手が多い。

横浜隼人の西川雄大投手は力のあるストレートを投げ、昨秋は公式戦で完封勝利を挙げた。大師高の原翔太投手は165cmの右腕投手で130キロ後半の速球をなげ、俊足強打の野手としても将来性が高い。慶応義塾湘南藤沢の田上遼平投手も176cm81kgから140キロのストレートをカットボールを織り交ぜる投球が光る。

武相の竹井颯大選手は175cm86kgの右のスラッガーで、高校通算21本塁打を記録し、神奈川NO.1の声もある。日大高の鈴木晴天選手は主将としてチームを引っ張る打撃を見せる。関東学院高の熊谷琥太捕手は二塁送球が1.9秒台の肩と匠海なリード、通算15本塁打のパンチ力がある選手。星槎国際湘南の石崎知紀選手は、1年夏から4番を打った選手で長打力がある。

寒川の小松羅加投手は一塁手だが、138キロの速球を投げる投手としても注目。金沢高の飛田悠成選手も183cmの大型遊撃手で、投手として快速球を投げる。鶴見大付の澄田亮太朗選手は高い身体能力の持ち主で、135キロを記録し長打力もある。有馬高の金城一憂選手も俊足に強肩の選手で、投手としても力を見せる。横須賀工の星野翼選手は高校通算10本塁打の長打力に50m6.0秒の足がある。

 

2022年度以降-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント