阿南光の146キロ左腕・森山暁生投手、初戦敗退も12球団22人スカウト視察し首脳クラスが絶賛

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

阿南光で昨年夏の甲子園で登板し、伸びのあるストレートと変化球が注目された森山暁生投手が、この夏初戦を迎えた。

スポンサーリンク

最速は141キロ

森山暁生投手はこの日、最速は141キロ止まりだった。昨年に比べると少しだけ楽に投げても球速がブレずに投げられるようになっていたが、ストレートの威力自体はこの日は少し欠いていた印象を受ける。

それでも141キロのストレートと95キロのカーブを織り交ぜ、鳴門渦潮打線を抑えていった。6回に2アウト2塁から高めのストレートをライト前に運ばれて1失点したものの、7回、8回はストレートの威力があり3者凡退に仕留めた。

しかし、この1点によって0-1で敗れ、初戦敗退となった。9回6安打3奪三振1失点だった。「もっとやれることがあったのかも。いい投球もあったんですけど、自分の弱いところが見えた。僕の下半身の粘りが足りなかった」と話した。

それでも評価の高さは変わらない。この日は12球団22人のスカウトが視察をし、GMなど首脳クラスも視察している。

巨人・水野スカウト部長:「身体が締まり、キレが出てきたと思う。腕の振りも、変化球でも緩む感じがしない」

埼玉西武・渡辺GM:「多彩な変化球を使いこなせている。伸びしろしかない」

東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク:「カーブとのコンビネーションが印象的で、全盛期の内海のよう」

オリックス・乾スカウト:「まだまだ伸びしろがありそう。要所要所で力を入れる高校生らしからぬ」

試合後に森山投手は「プロに入って、今まで支えてくれた人たちに見てもらいたい」と、プロ志望届を提出することを明らかにし、「初戦で負けてしまって、アピールできるところはない。ここからもっと成長できるか。ドラフトまでの期間で成長した姿を見せられるようにしたい」と、3ヶ月でさらに成長していくと誓った。

まさに内海投手タイプの左腕投手で、ドラフト会議では3位前後での指名が予想される。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・徳島大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球徳島大会、よくこれだけ集まったというほど、今年の高校生のドラフト候補が集まった。ドラフト注目度はA。
プロ注目の阿南光・森山 西武・渡辺GMら12球団スカウト集結「内海とかぶる」/デイリースポーツ online
 「高校野球徳島大会・2回戦、鳴門渦潮1-0阿南光」(17日、オロナミンC球場) 徳島大会では今秋ドラフト候補の阿南光・森山暁生投手(3年)が9回6安打1失点と好投しながら、初戦で敗退。NPB12球団のスカウトが集結する中、短い夏を終えた。

スタンドには12球団、22人のスカウトが集結。西武・渡辺GM、巨人・水野スカウト部長ら“大物”も姿を見せた。ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクは「カーブとのコンビネーションが印象的で、全盛期の内海とかぶる」と、Gのエースとして2年連続最多勝を獲得した左腕を引き合いに、最大級の賛辞を贈る。

プロ注目左腕の阿南光・森山 まさかの初戦敗退に涙も強い決意「絶対プロに入ってやるという気持ち」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の出場校を決める地方大会が17日、各地で行われた。徳島大会では今秋ドラフト候補左腕の阿南光・森山暁生投手(3年)をプロ12球団が視察したが、初戦敗退した。

ただ、上位候補にも挙がる左腕を、同県のスターでもある巨人の水野雄仁スカウト部長ら異例のNPB全12球団22人のスカウトが視察に訪れた。西武の渡辺久信GMは「多彩な変化球を使いこなせている。伸びしろしかない」と潜在能力を絶賛。ヤクルトの橿渕聡編成部スカウトグループデスクが「全盛期の内海(哲也=西武)のよう」と巨人時代の11、12年に2年連続でセ・リーグ最多勝を獲得した左腕を同タイプに挙げるなど、高い評価は不変だ。

プロ注目阿南光・森山暁生1点に泣くも池田出身の巨人・水野スカウト部長「キレ出てきた」/徳島 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
<高校野球徳島大会:鳴門渦潮1-0阿南光>◇17日◇2回戦◇オロナミンC球場今秋のドラフト候補に挙がる左腕、阿南光・森山暁生投手(3年)が1点に泣いた。5回終… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

球場には12球団20人を超えるスカウトが偵察。同じ徳島の池田で「阿波の金太郎」の異名をとった巨人・水野スカウト部長は「身体が締まり、キレが出てきたと思う。腕の振りも、変化球でも緩む感じがしない」と評価。オリックス乾スカウトも「まだまだ伸びしろがありそう。要所要所で力を入れる高校生らしからぬ(投球)」と評した。

【徳島】阿南光・森山暁生、1失点完投も初戦で涙 最速146キロ左腕にスカウト12球団集結
 阿南光のプロ注目左腕・森山暁生(3年)は、力投したが0-1で初戦敗退。2年連続の甲子園出場はならなかった。

恩返しは次のステージで。「ドラフトで指名されることを願って、ここからもっと成長できるかだと思うので」と、プロ志望届を提出する意向を示した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント