夏の高校野球・徳島大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球徳島大会、よくこれだけ集まったというほど、今年の高校生のドラフト候補が集まった。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は鳴門が優勝し、徳島商が準優勝した。鳴門はセンバツの初戦で大阪桐蔭と対戦し、接戦を演じて話題となった。4強には池田と阿南光が入った。

春は徳島商が優勝、阿南光が準優勝で、4強に城南と鳴門渦潮が入っている。

選手層の厚い徳島商、センバツで評価を挙げた試合巧者の鳴門、そしてプロ注目の高左腕投手のいる阿南光が三つ巴、そこに鳴門渦潮、徳島北、池田などが割って入ってくるか。

注目選手

阿南光の森山暁生投手は181cm84kgの左腕投手で、下半身が非常に安定しており、とにかく球持ちの良いフォームから146キロの速球を投げる。プロで左腕投手としてかなりの確率で成功しそうなタイプ。

鳴門の冨田遼弥投手も178cm86kgの左腕で144キロを記録、強打で優勝した大阪桐蔭を相手に好投を見せた投球は素晴らしかった。また、前田一輝選手は190cm93kgの選手で、長身右腕から144キロを記録する投手としてもまだ期待しているし、打撃のパワーも恐ろしさがあるほど。

徳島商の安藝庫聖選手は、昨年はエース格として力強い142キロの球を投げていたが、今年は野手として打撃に力をいれている。昨年より打撃も評価が高かったがどうなったのかチェックしたい。そして捕手の幸坂征太郎選手は170cm88kgの体があり、投手としても148キロを記録する強肩。

その他の選手

徳島商は中原海晴投手が176cm85kgの体から143キロのストレートに、カーブ、チェンジアップなどでテンポよく抑えていく投球でエースとなった。2年生の森煌誠投手は183cm86kgの右腕投手で145キロを記録し、来年の注目投手。野手もスピードと強打の森龍門選手、強打と足のある栗林凌生選手などが注目。

鳴門は昨年秋に好投を見せた2年生の藤原颯太投手が来年の注目選手。野手では二塁送球1.9秒台の土肥憲将捕手、足が速く広い守備範囲を見せる井川歌莉選手と三浦鉄昇選手など豪華な顔ぶれ。

阿南光は控え投手に186cm78kgで外野手としてもパワーを見せる木村一政投手が138キロを記録し、1年生の吉岡暖投手も中学時にヤングリーグのチャンピオンとなった投手で、138キロの速球を投げる。

生光学園は176cm74kgの奥濱宏平投手が142キロを記録、2年時から登板の経験が豊富な投手。2年生の安藝健太選手は185cm84kgの左投げ左打ちの選手で、左腕投手としても、強烈な左打者としても来年が楽しみ。

富岡西は二塁送球1.9秒台の水口駿捕手、遠投114mで足もあり、4番を打つ強打の選手でもある篠本賢伸選手、そして181cm80kgの体でベースランニング13秒98を記録する俊足の森悠真選手など、みんな身体能力が高い。

鳴門渦潮は3年生の石原慎也投手が142キロ、2年生の渡辺崇仁選手も外野手だが投手としてかなりの球を投げる。池田辻の川田司龍投手は184cm87kgという立派な体で、142キロの速球にチェンジアップとフォークを織り交ぜる。阿波高の阿下月輝也投手も141キロを記録し注目される。

城南高は大西祐輝捕手が二塁送球1.9秒台を誇り、タイミングの取りにくい木内一希投手を巧みにリードする。名西高の馬越歩は二塁送球1.9秒台の肩が光る。池田高の高野光海選手は186cm83kgの大型外野手で、パワーある打撃などが高く評価されている。小松島の篠原聖翔選手は強肩外野手で投手として登板する。徳島北は1年生の日下誠士投手が春にいきなり徳島商戦でマスクを被りリードで結果を残した。楽しみな捕手。

2022年度以降-高校生-徳島県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント