享栄2年の東松快征投手に中日スカウト「現時点で全国的にも頭一つ抜けている」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

享栄高校は最速149キロ左腕の2年生・東松快征投手がリリーフで登板し、4回9奪三振無失点の投球を見せた。中日スカウトが高く評価している。

スポンサーリンク

「頭一つぬけている」

この日は「キャッチボールから調子がよくなくて緊張していた」と話す東松快征投手は、先頭打者に初球をヒットされるなど、いきなり1アウト1,3塁のピンチを招いた。しかし、続く4番、5番を連続三振に斬ってとり、その力を見せた。

最速は146キロ、4回を投げて5安打を許すも9つの三振を奪い無失点、「カウントを取りにいった直球を打たれた。納得いく投球ではなかった」と話すが、その力を十分見せた。

この日は中日の清水スカウトが視察し、「現時点で全国的にも頭一つ抜けている。順調に成長すれば来年のドラフト上位候補でしょう」と評価した。来年のドラフト1位候補として注目される。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・愛知大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球・愛知大会は昨年ほど豪華ではないものの、今年、来年のドラフト会議で注目されそうな投手・野手がいる。ドラフト注目度はA
享栄がベスト8 2番手の2年生左腕・東松が4イニング9K 中日スカウト「来年のドラフト上位候補 」【高校野球愛知大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇24日 全国高校野球選手権5回戦 享栄7―1大成(豊橋市民) 昨秋の県王者・享栄が盤石の投手リレーで8強入りを決めた。2年生の最速1...

 スタンドで見守った中日の清水スカウトは「現時点で全国的にも頭一つ抜けている。順調に成長すれば来年のドラフト上位候補でしょう」と今後の伸び次第では来年の目玉になる存在と評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント