東京都市大塩尻・今野瑠斗投手が長野大会決勝で涙、プロ志望届の提出も検討

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

最速142キロの速球を投げる長野県の注目投手として、この夏にチームを決勝まで導いたエース・今野瑠斗投手だったが、わずかに力及ばず甲子園出場はならなかった。

スポンサーリンク

6回から登板

今野瑠斗投手は179cm87kgの右腕投手で、昨年までは動く球を使った投球をしていたが、3年生になり最速142キロの速球とスライダー、チェンジアップを使う本格派投手に成長し、長野県屈指の好投手と注目されていた。

今大会は準決勝で強豪・上田西を9回4安打6奪三振2失点に抑えるなど実力を見せ、チームを決勝戦に導いた。しかし、佐久長聖と対戦した決勝では疲労も考慮され、1−5とリードされた6回から登板すると、6回に2失点し点差をひらかれた。

それでも7回以降はランナーを背負いながらも持ち前の投球で無失点に抑え、1−7で敗れたものの意地を見せた。高校最後の投球は4回5安打3奪三振2失点だった。主将としてもチームを率いていたが、「自分の投球で流れを変えたかったが、相手の流れになってしまった」と悔しさをにじませた。

今後について聞かれると、「声をかけてもらえるならプロに行きたいです」と話し、プロ志望届の提出も検討している。成長を続けるエースがどのような決断をし、次はどこでどんな成長をしていくのか注目してゆきたい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-長野県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・長野大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球長野大会、長野県出身の牧選手がプロで活躍し、続く選手が出てきて欲しいが、今年のドラフト会議で指名確実というような選手はおらず、全体的にも候補が少ない。ドラフト注目度はC。
東京都市大塩尻・今野瑠斗「自分の投球で流れを変えたかったが…」主将として白星に導けず唇かむ【高校野球長野大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇30日 全国高校野球選手権長野大会決勝 東京都市大塩尻1―7佐久長聖(長野オリンピックスタジアム) 東京都市大塩尻の今野瑠斗(3年)...
主将としてチームを白星に導けず「自分の投球で流れを変えたかったが、相手の流れになってしまった」と唇をかんだ。今後はプロ志望届けの提出も検討中と明かし「声をかけてもらえるならプロに行きたいです」と力を込めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント