夏の高校野球・長野大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球長野大会、長野県出身の牧選手がプロで活躍し、続く選手が出てきて欲しいが、今年のドラフト会議で指名確実というような選手はおらず、全体的にも候補が少ない。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は松商学園が優勝、準優勝に日本ウェルネス長野。4強に長野日大、東海大諏訪が入った。

春は上田西が優勝し、準優勝に篠ノ井、4強に岡谷南と伊那北で公立の躍進が目立ち、秋から大きく勢力図が変わった。

チーム状態と選手層の厚さで上田西が優勝候補だが、選手の層の厚い松商学園対抗になるか。長野日大、東海大諏訪、佐久長聖、松本国際、東京都市大塩尻、松本第一に、岡谷南、伊那北、篠ノ井、小諸商など大混戦模様。

注目選手

今年のドラフト候補として注目される選手はいない。

その他の選手

上田西はコントロールの良い高梨匠投手、2年生右腕の権田成也投手、そして強肩の遊撃手で投手として141キロを記録した2年生の横山聖哉投手が巧みなリードと強肩の小川隼弥捕手とのバッテリーで失点を抑える。大型内野手の大藪知隼選手が巧みな打撃をし、パワーのあるベイグミルザダナ選手がランナーを返す。

松商学園は142キロの速球を投げる左腕・栗原英豊投手がいるものの、新型コロナによる自粛の影響もあってか春は登板がなかった。2年制左腕の齋藤新太投手に金井創選手、吉水真斗選手の二遊間や強打の石田憲成選手など素質の高い選手がおり、夏までの状態を挙げて来れるか。

松本国際の本間陸斗投手は184cm78kgの右腕投手で最速は141キロ、今年の県NO.1右腕と呼び声高い。1番の今枝洸太選手と4番の渡辺維介選手はともに180cmの右打者で、長打力もあり足もある。

東京都市大塩尻の今野瑠斗投手は、179cm87kgの体のある右腕投手で最速142キロの球は動くクセ球で、スライダー、チェンジアップなどで絞らせない。篠ノ井高の浦野青空投手は184cmの長身右腕でスライダーのキレがある。長野俊英の大久保惺投手も180cm85kgの右腕投手で130キロ後半を記録し、伊那北の埋橋周平投手も181cm67kgの右腕できれいなフォームからのストレートに魅力がある。

日本ウェルネス長野の杉浦匠選手は183cm98kgの大型スラッガー、右から軽々とオーバー・フェンスを見せるが、この体格でショートを守る。佐久長聖の寺川裕也選手は175cm75kgだが長打力がある。小諸商の小林大起選手も172cm82kgの右打者で高校通算31本塁打のパワーがある。

長野日大の青木翔夢選手は183cm78kgの大型遊撃手で、高い打率を残す打撃技術のある選手。東海大諏訪の小川泰空選手は広い範囲を守ることができる遊撃手。岡谷南の味沢拓未選手と小口航生選手は170cmと体は大きくないがともに長打力があり、複数のポジションを守る器用さがある。

2022年度以降-高校生-長野県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント