二塁送球1秒83の強肩捕手・大分高の尾形勇太捕手に中日が評価、進学希望

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大分高で二塁送球が1,83秒を記録、高校通算22本塁打を放つ尾形勇太選手は、進学を希望している。

スポンサーリンク

「たくさん刺しているので」

大分高の尾形勇太選手は、二塁送球が1.83秒を記録する強肩捕手で、春先にスカウトの間で評判となっていたという。「肩は自信があります。盗塁阻止率は分かりません。許したときのことは覚えているけど、たくさん刺しているので」と本人も話すと、2月に就任した内川聖一選手の父・内川一寛監督も「肩は強くてコントロールもいい。相手には走ってほしいんですよ。アウトが1つ取れるから」と評価する。

また、打撃でもこの春から10本塁打を放ち、高校通算22本塁打とし、内川監督は「打球が伸びるようになって確率も上がった。」と話し、内川聖一選手と比べても「チーム内での信頼感は同じで、バッティングは長男の高校時代に近い感じになってきました」と話す。

この尾形選手には中日の三瀬スカウトが「柔らかくいいスローイング。捕ってから速くて正確。打撃も小力があって逆方向に長いのが打てる。九州トップクラスですね」と評価するなど高く評価されていたものの、大分高校が今夏も初戦で敗退するなど、アピールする機会が少なく、大きく取り上げられて来なかった。それでもその初戦では2安打を記録し、盗塁も刺すなど力を見せていた。

「プロはそのあと成長したら考えたいです」、尾形選手はまずは進学を希望する。大学で実力をアピールし、その後にプロ入りを目標とする。

九州NO.1とも言われる強肩捕手の今後に注目したい。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-大分県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中日スカウト「九州トップクラス」 超高校級の強肩捕手、大分高3年・尾形勇太 プロ並みバズーカ!二塁到達1秒83
2010年代に甲子園に3度出場している九州の実力校・大分高に、隠れた逸材がいた。尾形勇太捕手(3年)で、二塁到達1秒83の強肩とシュアな打撃が魅力。内川一寛監督…

「柔らかくいいスローイング。捕ってから速くて正確。打撃も小力があって逆方向に長いのが打てる。九州トップクラスですね」とは中日・三瀬スカウト。そんな逸材がなぜ一般には無名かと言えば、レギュラーに定着した高1秋以降、夏と秋の県大会で最高3回戦止まりだったからだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント