日本文理高、高橋史佳選手が主将となり「23年の日本文理」へ

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

今夏の甲子園に出場した日本文理は、4番を打ち、投手としても146キロの速球を投げた高橋史佳選手が新チームの主将に就任した。

スポンサーリンク

田中選手の後継

日本文理は昨年、今年と夏の甲子園に出場している。エースで主砲の田中晴也選手が、150キロの球を投げ、豪快なホームランも放ち、二刀流として活躍してきた。

しかし甲子園では勝ち星を挙げることはできなかった。今夏は海星と対戦し、田中投手が7失点すると、あとを継いだ高橋史佳投手も146キロを記録しながら、2/3回で3安打4四死球で3失点、打撃でも4番をうったが4打数ノーヒットと苦い経験となった。

それでも鈴木監督は「チームのシンボルが主将」と話し、1年時から注目され続けている高橋選手を主将に指名、「史佳をキャプテンにして23年の日本文理にする」とナインに伝えた。引退した3年生からの推薦もあり、自らも立候補をしていたという。

2019年も夏の甲子園に出場しており、大会が中止された2020年をを除いて3年連続の甲子園出場となっているが、2019年も勝ち星を挙げられていない。高橋主将は「2年生はあと2回、甲子園に行けるチャンスがある。行動で引っ張っていくので、ついてきてくれ」と話した。そしてその先に甲子園の1勝が目標となる。

来年のドラフト候補としても注目される高橋選手のプレーと主将としての活躍を期待したい。

日本文理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本文理新主将に高橋史佳 甲子園で4番、2番手投手で146キロ「行動で引っ張っていく」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
全国高校野球選手権に出場した日本文理(新潟)の新主将が24日に決まった。甲子園で4番打者を務めた高橋史佳左翼手(2年)。練習前に部員を全員集めて座らせた鈴木崇… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

甲子園で4番打者を務めた高橋史佳左翼手(2年)。練習前に部員を全員集めて座らせた鈴木崇監督(41)が「(高橋)史佳をキャプテンにして23年の日本文理にする」と伝えた。引退した3年生の推薦を受け、自らも立候補していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント