東海大札幌・門別啓人投手と唐川侑大捕手がプロ志望届提出

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東海大札幌の150キロ左腕・門別啓人投手と、二塁送球1.78秒の強肩捕手・唐川侑大選手のバッテリーが、そろってプロ志望届を提出した。

スポンサーリンク

バッテリー

門別啓人投手は182cm85kgの左腕投手で、高校入学時に140キロを記録し、今年春に最速150キロに到達した。小学校入学前に日本ハムの試合を観戦し、父親より「プロ野球選手になるっていうのはすごいこと」と聞かされると直後に野球を始め、「絶対にプロになる」と強い思いを持つようになった。

最速は150キロだが変化球もうまく使って組み立てた投球ができる投手で、最速150キロ左腕として昨年の福岡ソフトバンクドラフト3位・木村大成投手(北海高校)よりも平均的な球速は少し遅いが、より実戦的な投球をする。

また、その門別投手の球を受け、自ら投手として145キロを記録する球を投げた唐川侑大捕手は、二塁送球も1.78秒とプロ並み、高校通算20本塁打の打撃もあり、「首位打者も狙える、打てるキャッチャーを目指す」と話す。

2人はともにプロ志望届を提出し、門別投手は「今はワクワクしかない」と話すと、唐川捕手も「プロ入りで恩返しがしたい」と話す。二人とも「どこに指名されても行くつもりです」と話し、12球団OKでドラフト会議の指名を待つ。

門別投手、唐川捕手ともにドラフト4位前後の指名が予想される。再びチームメイトになる可能性は低いと思うが、プロで活躍し再びバッテリーを組むことは十分ありそうだ。

2022年度-プロ投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-プロ捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年高校生プロ志望届提出選手一覧
2022年の高校生プロ志望届提出選手の特徴や簡単な紹介です。9月30日に2名が掲載され、合計135名となりました。
東海大札幌プロ注目150キロ左腕の門別啓人と強肩強打捕手の唐川侑大がそろってプロ志望届提出 - 高校野球 : 日刊スポーツ
東海大札幌の左腕エース門別啓人と、唐川侑大捕手(ともに3年)が20日、2人そろってプロ志望届を提出した。今春に最速150キロを計時、ドラフト上位指名も期待され… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今春に最速150キロを計時、ドラフト上位指名も期待される門別は「160キロ」と「新人王」を、プロ入り後の目標に掲げた。小学校入学前に札幌ドームの日本ハム戦を観戦した際に父竜也さんから「プロ野球選手になるっていうのはすごいこと」と聞かされた。直後から野球を始め、「絶対にプロになる」と心に決めて、1年ごとにレベルを上げてきた。入学直後140キロだった球速は、約2年で10キロ上がり、全国的にも注目を浴びる左腕となった。「今はワクワクしかない」と、指名を心待ちする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント