愛工大名電1年・145キロ右腕の伊東尚輝投手が2回2奪三振無失点

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

秋季高校野球愛知大会では、愛工大名電vs大府の試合が行われ、愛工大名電は1年生で145キロを記録する伊東尚輝投手がリリーフで登板し、2回1安打2奪三振無失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

半年で12キロアップ

伊東尚輝投手は元々外野手だったが、高校入学時に投手として133キロを記録すると、それからトレーニングを始め、前日24日の試合で最速145キロを記録した。

この日の大府戦では3点をリードした8回から登板すると、2回を1安打2奪三振無失点と好投した。「目指すのは勝てる投手。155キロを出したい」と話す伊東投手、愛知県では2年生に享栄の東松快征投手と東邦の宮國凌空投手が150キロ近いストレートを投げ、来年のドラフト注目選手だが、再来年のドラフト候補にもまた楽しみな投手が出てきた。

2024年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
愛工大名電が4強 1年生右腕・伊東が2イニング無失点【秋季高校野球愛知】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇25日 秋季高校野球愛知県大会準々決勝 愛工大名電5―2大府(愛知・小牧市民球場) 今夏の甲子園8強の愛工大名電が準決勝進出を決めた...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント