慶大・橋本達弥投手が今季初登板、「プロに行きたい気持ちはある」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京六大学は慶応大vs立教大の1回戦が行われ、0−0の引き分けに終わった。慶応大のプロ注目リリーバー・橋本達弥投手が今季初登板で好投を見せた。

スポンサーリンク

抑えの役割

この日、慶応大はプロ志望届を提出している増居翔太投手が先発し、7回まで無失点に抑える好投を見せる。そして8回、1アウト1,3塁のピンチを招くと、慶応大は橋本達弥投手が今季初登板をした。

橋本投手は2アウトとしてから、立教大のプロ注目・山田健太選手を打席にむかえるが、ストレートでショートゴロに抑えて無失点で切り抜けた。9回も無失点に抑え、1回1/3を投げてノーヒット1奪三振でパーフェクトリリーフだった。

橋本投手は侍ジャパン大学代表としてアメリカ戦とキューバ戦でリリーフ登板し無失点、キューバ戦では1回ノーヒット1奪三振だった。主にリリーフで投げているが、「プロにいきたい気持ちはある。自分の役割はそこまで目立たないけど、そこで投げることで評価していただければいいかなと思います。」と話した。

しかし、「最後は自分の記録ではなくて、チームで優勝したい」と話し、慶応大として優勝をすることを目標とし、これからリーグ戦で登板をしていく。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の慶大・橋本達弥が今秋初登板で好救援「プロにいきたい気持ちはある」立大とドロー - アマ野球 : 日刊スポーツ
慶大と立大の第1戦は、引き分けに終わった。投手陣が踏ん張った。先発の増居翔太投手(4年=彦根東)が7回1/3を被安打4の無失点と試合をつくった。8回1死一、三… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

すでにプロ志望届を提出。抑えという役割について「プロにいきたい気持ちはある。自分の役割はそこまで目立たないけど、そこで投げることで評価していただければいいかなと思います。最後は自分の記録ではなくて、チームで優勝したい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント