【2022年 明治神宮大会】3日目の対戦カードと注目選手一覧

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

明治神宮大会3日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

3日目(11月20日)の対戦カードと注目選手

第1試合(高校の部)

クラーク記念国際高校
高橋歩希1年
170cm65kg 右右
 内野の守備と遠投95mの肩に定評があり、足もある身体能力の高い選手。 中学時にシニアの全国大会に出場し、クラーク記念国際でも1年時からスタメンで期待されている。C+
児玉旭陽1年
左左
 鋭いスライダーが武器の左腕投手で、クラーク国際1年時から期待を集める。C
麻原草太2年
180cm77kg 右右
 1年秋には4番に起用され、北海道大会決勝戦で決勝のタイムリー2ベースヒットを打つなど、勝負強さを見せた。大会では4本の二塁打を打ち、さらに長打力がつけば面白い。C+
新岡歩輝2年
173cm66kg 右右
 1年生で春の大会に起用され、ショートとしてプレーする。 高い確率でヒットを打てる選手で、肩の強さ、足も速さも注目。 またリリーフで登板するなど期待をされている。C+
大阪桐蔭高校
境亮陽1年
181cm69kg 右左
 身体能力世代No.1のフィジカルエリート。 100mでJOCジュニアオリンピック出場。 岐阜南ボーイズOBである吉川尚輝以上と言われる野球センスと身体能力。…B+
徳丸快晴1年
178cm82kg 両左
 世代を代表するスーパーエリートで左の中学最強スラッガー。 U-12カルリプケン時代から天才、野球界の宝と呼ばれていた。…B-
ラマルギービン・ラタナヤケ1年
180cm92kg 右右
 中学世代No.1スラッガー。 中学通算本塁打50本。 港ボーイズではその豪打で数々の伝説を残してきた。 愛知のゲレーロJrの異名を持ちメジャーリーガー級のポテンシャル。B-
前田悠伍2年
180cm77kg 左左
 U-12カルリプケン日本代表、決勝戦で韓国を5回1安打無失点に抑えチームを世界一に導く力投で注目される。 更に成長し中学No.1左腕として高校へ入学する。…A
小川大地2年
182cm78kg 右右
 中本牧リトルシニアから大阪にダイヤの原石がやって来た。 恵まれた体格と抜群の身体能力からスケールの大きな打撃とアクロバティックな守備を披露する。…B-
佐藤友泰2年
182cm85kg 右右
 岡山の怪物。中国No.1の長距離砲。 捉えた打球はピンポン玉のようにスタンドへと消える。B-
長澤元2年
右右
 超中学級の守備力を誇るヤングリーグNo.1外野手。B-
南恒誠2年
185cm82kg 右右
 中学時代に長身から140キロの速球を投げ高砂のダルとして注目された。B-
村本勇海2年
右左
 投打に豪快、中学最高峰のパワー。 投げては豪速球。打っては軽々柵越え。B-
山田太成2年
175cm75kg 左左
 走攻守オール超中学級のスーパー中学生外野手。 右へ左へ長打を連発し、走力は藤原恭大クラス。B-
佐藤幹晃2年
190cm80kg 左左
 投打に無限大の可能性を秘めた京都の怪物。 身長190cmの二刀流でどんな選手になるか想像もつかない。C+
南川幸輝2年
180cm80kg 右左
 甲子園常連校のスカウトが、中学3年の南川を今すぐ4番打者で試合に出したいとぼやくほど規格外の打撃が魅力の中学No.1捕手。C+

第2試合(高校の部)

北陸高校
友廣陸2年
右右
 越前ボーイズ出身。 伸びやかなフォームから力のあるストレートを投げており、将来が楽しみ。C+
英明高校
寿賀弘都2年
181cm77kg 左左
 181cmの大型左腕投手で、2年時に139キロを記録している。 また2年春に4番を打ち、打撃力も高い。B-

第3試合(大学の部)

関西大学
金丸夢斗2年
175cm72kg 左左
 細身の左腕投手 2年夏に関西学院戦で4回2/3をパーフェクトに抑えた 3年夏の甲南戦では128球で完投して17奪三振を記録B
内田悠太2年
175cm66kg 右右
 度胸抜群の投手で2年生ながらリリーフエースとして期待される。 2年夏もタイブレークのノーアウト1,2塁を犠飛の1点に抑えた。B-
河野勇真2年
172cm76kg 右右
 まだ投手の経験が少ないが142キロを記録する肩の強さがある。 投手として磨かれてコントロールが安定するか。B-
久保田翔太2年
178cm84kg 右右
 注目の強打者が続く明秀日立において、長打力ではこれまでのスラッガーに引けを取らない。 高い打率を残す打撃の技術も良く、将来が注目される。C+
藤原太郎2年
172cm69kg 右左
 名門佐久長聖で1年春からベンチ入り甲子園にも出場 三拍子揃った選手C+
岸上夏樹斗2年 1年時から4番を打ってきたスラッガーで、長打力が順調に伸びているC
木村壮吾2年
 ショートを守り、チームの守備の要 打撃でも活躍を見せる中心選手C
坂中俊亮2年
174cm 右左
 練習試合で見かけた高校球児、体は小さめだが、投手としては年々球速が上がり楽しみな選手の一人だ。野手としては、まだまだ荒削りだか、選球力が良く広角に打てるバッテ…C
有馬諒3年
181cm77kg 右右
 1年秋の時点でプロのスカウトが注目する強肩とインサイドワークの良い捕手。 先輩投手の特長を掴み、監督にも意見をするなど自信を伴ったプレーをする。B+
茶谷哲兵3年
181cm79kg 右右
 サイドハンドから130キロ後半の速球と、スライダー、チェンジアップを投げ、相手打線をほんろうする。…B
柳本直輝3年
176cm71kg 右右
 住吉ボーイズの核弾頭 藤原後継者B-
定本拓真4年
182cm85kg 右左
 しっかりとした身体から140キロの重い球を投げる本格派。B-
辰己晴野4年
179cm69kg 左左
 非常にテンポが早く、かつコースのギリギリを制球よく攻め込む。回転のいいストレートにキレ味のある変化球で打ち取る。…B-
上神雄三4年
177cm77kg 左左
 1年生の秋から主軸を打ち、特にチャンスに強い打撃を見せた。 3年春にかけて故障をしていた。C+
小谷優宇4年
172cm68kg 右右
 体幹がしっかりしていて馬力があり力強いスイングから鋭い打球を放つ強打者でピッチャーとしても馬力をいかして力強い腕のふりからから勢いがあるボールを投げるポテンシ…C+
鷲尾昂哉4年
182cm68kg 右右
 長くてしなやかな振りの腕と綺麗なフォームで投げる投手で、将来が楽しみな雰囲気 大学で球速は147キロまで伸びており、更に成長しそう。C+
齋藤翔大4年
180cm68kg 右右
 ストレートが持ち味の本格派右腕。変化球もキレのいいものを持っている。 バッティングでもセンス有り。C
清水一希4年
178cm70kg 右右
 130キロ中盤から後半のキレの良いストレートを投げる快速球投手C
畠山航青4年
171cm69kg 右右
 走攻守にわたって目立とうとせず堅実なプレーをすることが身上。亀岡秀郎コーチも「基本に忠実なプレーができる内野手」と評価する。…C
若林秀真4年
180cm71kg 右右
 伸びるストレートが魅力で球速も140キロを記録、2年時も大阪桐蔭の根尾選手から三振を奪うなど力があったが、一回り成長をしている。 打撃でもチームの4番を任される。C
明治大学
瀬千皓1年
179cm85kg 右右
 2019年の秋季大会では決勝戦の大阪桐蔭戦でホームランを放ち、勝利に貢献したほか、同年の明治神宮大会の初戦、仙台育英戦ではホームランと走者一掃のタイムリーで5打点の…B-
宗山塁2年
173cm72kg 右左
 1年生で甲子園ベンチ入り、1年秋は星稜・奥川投手から2本のヒットなど、1本塁打に11打点、打率.395と打撃センスを見せた。 ショートとしての活躍にも注目特A
横山陽樹2年
177cm75kg 右右
 1年夏に甲子園に出場し1番ライトで出場、思い切りの良いバッティングで鋭い当たりを見せ、守備でも好プレーを見せた。2年になると立石選手の故障もありマスクを被り、大船…A
菊地竜雅2年
180cm79kg 右右
 1年生で夏の県大会決勝に登板し、2回無失点 秋の県大会では初戦で最速の144㌔を投げて、 関東大会がかかる準決勝に先発B+
池田凜2年
173cm73kg 右左
 172cmと上背はないものの1年秋に2本塁打を打つなど長打力もあり、打率も.476としっかりととらえる打撃技術がある。B
杉崎成2年
178cm77kg 右右
 1年生夏の大会で2試合連続ホームラン。故障の4番に代わり4番に入った。 1年秋からの新チームになると13本塁打を記録し1年目で20本塁打に到達。B
水谷公省2年
184cm82kg 右左
 2年夏の甲子園で4番で出場、ライトとサードを守る。体の大きさがある。 3打数ノーヒットもショートのエラーと死球で出塁した。B
藤江星河2年
177cm75kg 左左
 諫早ボーイズ出身 中学校の時は日本代表にも選ばれ、世界大会出場の実績。 先輩、横川にも劣らない逸材。B-
浅利太門2年
185cm78kg 右右
 長身だがバランスの良いフォームが特徴で、2年秋は140キロの球を投げた。 球速や制球が安定してくれば、公式戦でも勝てる投手になってくる。C+
飯森太慈2年
163cm61kg 右左
 50m5秒台の俊足選手で、大学2年秋のリーグ戦ではセーフティバントで3塁ランナーを返し、決勝点をもぎ取った。犠打や盗塁が多く、チームに必要な選手。C+
直井宏路2年
171cm63kg 左左
 小柄だが50m5秒台の抜群の俊足で、トップバッターとして俊足を活かし、盗塁を決める技術もある。また、センターで広い守備範囲での好捕を見せる。…C+
松島元希2年
164cm71kg 左左
 2年生で143キロを投げる左腕投手。左からの角度もあり、左バッターのインコースにもしっかりと投げられる。C+
斉藤勇人3年
185cm85kg 右右
 長打力と肩の強さも魅力。B+
村田賢一3年
181cm88kg 右右
 182の右腕投手で最速145キロの速球を投げ、また、打撃でも長打を連発するチームのエースで4番。 浦安ニューラッキーズ、東京城南ボーイズ出身B+
石崎聖太郎3年
174cm77kg 右左
 強気な攻めを見せるリードと、勝負強い打撃が魅力の捕手。B
石原勇輝3年
178cm76kg 左左
 141キロ強い球とスローカーブの緩い球を織り交ぜ、打ち取っていく。投球術を備えている投手。 2年春に力を見せ始め、これから球の力も付いていきそうだ。B
上田希由翔3年
182cm88kg 右左
 二刀流。打撃ではバットがコンパクトに出てくるスイングで、しっかりと振り抜けて長打も打てる。 投げても回転が多そうな質の良い球を投げる。B
岡田幹太3年
180cm78kg 右右
 U-15ワールドカップ日本代表。B
熊野輝也3年
179cm80kg 右右
 3年になり捕手から投手に転向すると、堂々のマウンドさばきから力強い球を投げ注目されるようになった。B
菅原謙伸3年
182cm82kg 右右
 花咲徳栄の強肩捕手、大型で打撃のパワーもある。B
蒔田稔3年
178cm81kg 右右
 140キロを記録する右腕、体もしっかりあって、制球・変化球などももっと良くなる。B
森勝哉3年
180cm82kg 左左
 182cmの大型選手。 2年夏の甲子園でベンチ入りし、秋は長身から142キロを記録した。 本格派左腕として期待されるB
大音壱汰3年
172cm75kg 右左
 津田学園ではチーム1の俊足で1番を任され、足で稼ぐ内野安打や3ベースヒットも多い。…B-
西川黎3年
172cm71kg 右右
 3年春の桜宮との練習試合で2本塁打、小柄だが長打力がある。B-
堀内祐我3年
178cm72kg 右左
 愛工大名電でショートを守り、強い打撃も見せる選手。 明治大では1年生からベンチ入りしている。B-
山崎大智3年
180cm76kg 右右
 バックスクリーンのホームランが代名詞のスラッガー。まだ本数は少ないもののスイングに迫力があり、将来性豊かB-
村松開人4年
170cm68kg 右左
 素晴らしい足を持つ静岡高の1番バッター、2年秋の秋季大会では決勝で4安打など3試合14打数で9安打、チームの優勝に大きく貢献した。B+
上田優弥4年
185cm96kg 左左
 2年生春の準々決勝で、高校通算17号となるサヨナラホームランを放った。 大型スラッガーとして期待大きい。C+
小池悠平4年
176cm76kg 右右
 捕手として入学も打撃を買われて一塁手でプレーし、2年夏の群馬大会で打率.389の活躍で甲子園出場に貢献、その甲子園では、山梨学院戦、花咲徳栄戦で2試合連続ホームランC+
下江秀弥4年
右右
 MAX142km右腕。 63年ぶりの秋季広島大会優勝に貢献した。C+
高山陽成4年
176cm67kg 右右
 力のあるストレートが武器の投手。C+
冨田泰生4年
174cm78kg 右右
 パワーとミートとが持ち味のチャンスに強いバッターC+
中村奎太4年
173cm72kg 右左
 速いときは140キロのストレートを投げられる右腕。スライダー、チェンジアップのキレも良い。 新チームから投手陣の柱となる。打者としても能力が高い。C+
西山虎太郎4年
180cm64kg 右左
 1年生秋に履正社のショートのポジションを任される。軽快なフットワークがあり、肩の強さも見せる。…C+
蓑尾海斗4年
175cm75kg 右右
 勝負強いバッティング セカンド送球1.8 2018夏の甲子園初戦突破C+
明新大地4年
180cm76kg 右右
 明治大では4年春に15試合34打数に立ち、11安打で打率.324を記録し、打撃のセンスを見せた。C+
山田陸人4年
175cm68kg 右右
 横浜泉リトルシニア時代から注目された選手で、2年生の夏の5回戦・大師戦で2ランホームランを放つなど力のある選手C+
長南佳洋4年
173cm71kg 右左
 新チーム結成後ホームランを量産する光星の主砲。 緩急にも対応を見せ、広角に長打を飛ばせるのが強み。C
原田竜聖4年
178cm78kg 右右
 広角にヒットを打てて足もある選手。3番センターを任される。 2年秋は打率.341、1本塁打。C
日置航4年
174cm76kg 右右
 遊撃手。走攻守ともにレベルが高い。春期都大会決勝で3ランホームランを放つなど、長打力もある。C
渡部翔太郎4年
178cm81kg 右右
 コントロールが良く、大きなカーブを正確に決めてくる。 球速は130キロ前半 練習態度も素晴らしいとのこと。C
岡本伊織4年
177cm84kg 右左
 明治大では1年時から試合に出場しているが、大学1年春も6打数の出場のみ。しかし1安打が東大戦のホームランだった。C-

第4試合(大学の部)

大阪商業大学
渡部聖弥2年
177cm75kg 右右
 強肩で俊足の内野手、1年時はサードを守った。 3ベースヒットでの走塁も速く、能力の高さがある。A-
岡田皓一朗2年
185cm89kg 右右
 185cmの体から141キロの速球を投げるパワーピッチャー。2年秋は公式戦1試合で2回を投げノーヒット2奪三振無失点。B-
片山維2年
176cm76kg 右右
 元プロの小林監督が育てており、2年生で130キロ後半まで成長をしている。B-
金原塁2年
179cm76kg 右右
 抜群の身体能力で50m5.8秒の俊足と強烈なパンチ力が持ち味。B-
河西威飛2年
171cm72kg 右右
 将来有望スラッガー!チャンスに強く、左右にヒットを打てる好打者。 2年秋は打率.469で1本塁打16打点をたたき出し、盗塁も決める積極性がある。B-
上田大河3年
182cm80kg 右右
 ゆったりとしたフォームから体重移動ををスムーズに行い、オーソドックスなフォームで最速148キロを記録する。A-
高太一3年
179cm72kg 左左
 広陵高校出身の左腕投手で、大学1年時点で最速146キロを記録している。 1年秋の新人戦では4回から登板し2回をノーヒットで無失点に抑える好投を見せている。B+
加茂優太3年
170cm64kg 右右
 2年生春に145キロ記録し、3年夏までに147キロを記録している。 球速が速いものの制球が定まらず、球が暴れる。コントロールできるようになったら非常に楽しみ。B
迫広佳祐3年
右右
 高校3年夏の準決勝の立正大淞南戦で9回2安打8奪三振、10個の四球を出すが要所で三振を奪う。B-
原陽太3年
177cm87kg 右右
 2年秋は4番として公式戦2本塁打、頼れる打撃を見せた。大型だが走れる選手で身体能力も高そう。B-
福島悠高3年
185cm100kg 右右
 大型選手で守備は一塁か捕手、2年秋は公式戦で1本塁打、11打点、打率.429の活躍を見せた。B-
吉村誠人3年
右右
 智弁学園の4番を打ち、勝負強い打撃を見せる。B-
野中太陽3年
182cm74kg 右右
 球が高めに浮くものの、勢いのある球を投げる投手 大学での成長に期待したい。C+
畑中大介3年
178cm79kg 右右
 パンチのある打撃が持ち味 高校では1年秋から4番ライトのレギュラーを掴んだ…C+
伊原陵人4年
170cm68kg 左左
 球速は130キロ前後だが、クロスファイアで右バッターインコースに突き刺さる球が良く、2年秋は42回2/3を投げて49奪三振を記録した。 キレの良い球に注目。B-
修行恵大4年
184cm74kg 右右
 まだ線は細いものの身長があり角度のある140キロの速球を投げる。 3年春に骨折や右肩の故障で苦しんだが、夏には登板し130キロ後半を投げられるまで回復した。…B-
碓井雅也4年
171cm68kg 右右
 投手に安定感を与えるリズムあるリード、捕球を見せ、多彩な投手陣を一人で引っ張れる力がある。 大商大の富山監督も「捕手一人で防御率も大したもの」と評価する。C+
前田竣也4年
 3年夏の決勝、奈良大付戦ではリリーフで登板し、延長11回にサヨナラヒットを浴びたものの、ストレートの威力があった。インコースに厳しい球も投げた。…C+
森悠祐4年
178cm70kg 右右
 2年夏の甲子園でリリーフで登板し、常時140キロ以上、最速147キロを記録した。 角度があり低めにいく。C+
家田陸翔4年
174cm65kg 右左
 ショートでしっかりと踏ん張って投げるプレーに下半身の強さと軸の強さを感じさせ、 打席でもしっかりと軸がある打撃で強い打球を打つ。C
犬飼慶樹4年
178cm85kg 右左
 大学3年の春から外野手のレギュラーとして出場した選手。C
瀬川将季4年
172cm68kg 右左
 俊足でセンターとして広い守備範囲を見せる。外野の守備の要。C
中越啓斗4年
170cm71kg 右右
 トップバッターだがフルスイングで高校通算9本塁打 2年秋は打率.364を記録するパンチ力ある1番C
環太平洋大学
渕上竜椰2年
180cm86kg 右右
 2年生で140キロを記録する右腕で、リリーフで登板して球の勢いで押し切る。 投球の幅を広げて行きたい。B-
堀田賢介2年
167cm65kg 右右
 小柄ながら最速146キロの右腕から放たれる伸びのあるストレートは惚れ惚れする。高川学園高校時代には1年夏から登坂し、1年秋にはエースナンバーを背負うが1年冬に突如制球…B-
山脇颯真2年
181cm80kg 右右
 しっかりとした身体があり、投げられるストレートはうなりをあげる。 打っても痛烈な打球でファイヤフェンスにライナーで当てるパワーがある。B-
楠本優2年
172cm67kg 右右
 三塁手。中学時代にNOMO JAPANに選ばれた選手C+
徳山一翔2年
175cm80kg 左左
 130キロ中盤の速球を投げ、130キロ前後でも右打者が手が出ないクロスファイアを投げる。 低めの制球力の自信も見せる。C+
米永涼2年
180cm80kg 右左
 爆発的な打撃 (高校2年秋季大会5打数5安打1ホームラン2スリーベース1シングルのサイクル超え) 投手も兼任しておりMAX140㌔は超えていそうC+
猿渡颯2年
172cm67kg 右左
 創成館2年秋は打率.444と4盗塁。足を使える選手だが3番バッターとして飛距離も伸びている。C
岡田栞夢偉2年
171cm75kg 右右
 1年春からベンチに入っており、勝負強いバッティングが光る。 中学では第6回台北市国際AA野球大会に選ばれた。 
中島大陽3年
170cm75kg 右右
 キレのあるストレートは140キロ超え バッティングにも期待B-
村上颯3年
170cm60kg 右左
 盛岡大付ではチーム1の50m5.9秒台の俊足を見せる。 2年秋の時点では控え外野手、練習試合では多く起用されていて期待されているのが分かる。B-
辻祐希斗4年
174cm77kg 右左
 環太平洋大のクローザーC+
ピダーソン和紀4年
183cm84kg 右右
 外角低めに糸を引くように140キロの速球を決める。 184cmから145キロの速球の威力も十分。…C+
安藝智哉4年
右右
 大学4年春は先発投手としてチームの優勝に貢献した。 生光学園出身の投手。C
小倉輝己4年
右右
 高校時代は俊足強打の1番打者として活躍した。将来性が楽しみな選手。C
立花優作4年
174cm75kg 右左
 広角に打てる打撃が魅力C
平松大輝4年
178cm74kg 右右
 捕手ながら50m6.1秒の足があり、2年秋は公式戦13試合で8盗塁を記録した。 肩にも注目したい。C
矢野巧一郎4年
172cm64kg 右左
 巧みな打撃で、鋭い打球を打つ。3年夏の甲子園初戦で2ベース、3ベースヒットなど4安打C
寺脇優輝2年
177cm 右右
 キレのあるストレートと多彩な変化球で勝負ができる。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント