大阪桐蔭1年・境亮陽選手が4安打、根尾二世の二刀流に中日スカウトが評価

2024年ドラフトニュース 中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

明治神宮大会では大阪桐蔭の1年生・境亮陽選手が7番センターに抜擢されて出場すると、6回には公式戦初ホームランを放つなど4安打を記録した。

スポンサーリンク

俊足&二刀流で根尾2世

境亮陽選手はこの日のクラーク国際戦で2回にショートへの内野安打を記録すると、3回にはライト前ヒット、4回にはセンターへ二塁打、そして6回には神宮球場にライトスタンドに公式戦初ホームランを放った。4安打の活躍に「1年生なので、思い切り振っていこうと思ったのが、いい結果につながりました」と話した。

境選手は岐阜県出身で中学時代は陸上ジュニアオリンピックに出場し、100m走で11秒6という記録を持っている。また投げても142キロを記録しており、岐阜出身の二刀流・根尾昂選手2世と早くから注目されていた。

「ピッチャーとバッターの両方で活躍された先輩ですし、尊敬しています。自分も両方やりたい」と話す境選手、将来が非常に楽しみな選手だ。視察した中日の山本スカウトは「一塁を回ってからが速い。スプリンターの走り方。バッティングもいい。これからが楽しみ」と高く評価した。

また、大阪桐蔭は同じ1年生の徳丸快晴選手も2回に2点タイムリー2ベースヒットを記録し、1年生が躍動した。2年生も素晴らしい活躍で6回コールド12−2で勝利し準決勝に勝ち上がった大阪桐蔭、来年の高校野球の中心となるチームだが、再来年も高校野球の中心になりそうだ。

【2022年 明治神宮大会】3日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会3日目の、高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大阪桐蔭高「根尾2世」サヨナラ弾 中日スカウト「これから楽しみ」初スタメン4安打【明治神宮野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇20日 明治神宮野球大会(神宮) 高校の部は4強が決まった。連覇がかかる大阪桐蔭はクラーク(北海道)に12―2で6回コールド勝ち。中...

中学時代に陸上でジュニア五輪に出場し、100メートルの自己ベストが11秒6という快足が自慢。2回1死から4点のビッグイニングの起点となった遊撃への内野安打、4回には中堅への二塁打で持ち味を発揮した。中日の山本スカウトは「一塁を回ってからが速い。スプリンターの走り方。バッティングもいい。これからが楽しみ」と将来性を評価した。

大阪桐蔭「根尾2世」境亮陽が公式戦初本塁打「どっちもやりたい」憧れOB追いかけ4安打大爆発 - 高校野球 : 日刊スポーツ
1回戦に続く大勝で4強入りを決めた大阪桐蔭(近畿)に「根尾2世」の新星が現れた。11-2で迎えた6回、境亮陽外野手(1年)が右翼席に公式戦初本塁打となるソロを… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大阪桐蔭、圧巻のコールド勝ち 1年生コンビ徳丸&境が大活躍!21日準決勝で今夏覇者・仙台育英と激突 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 昨年、前田悠伍(2年)が鮮烈な全国デビューを飾った神宮で、今年も大阪桐蔭の1年生コンビが躍動した。3番・徳丸快晴が初回の先制打を含む2安打1犠飛で4打点。7番・境亮陽(りょうや)も4打数4安打の大当たりで、6回2死無走者では右越えへコールド勝利を決める“サヨナラ弾”を放った。
大阪桐蔭、圧巻のコールド勝ち 1年生コンビ徳丸&境が大活躍!21日準決勝で今夏覇者・仙台育英と激突 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 昨年、前田悠伍(2年)が鮮烈な全国デビューを飾った神宮で、今年も大阪桐蔭の1年生コンビが躍動した。3番・徳丸快晴が初回の先制打を含む2安打1犠飛で4打点。7番・境亮陽(りょうや)も4打数4安打の大当たりで、6回2死無走者では右越えへコールド勝利を決める“サヨナラ弾”を放った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント