報徳学園・堀柊那捕手に11球団視察、打撃で課題を指摘も

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

報徳学園が滝川二と練習試合を行い、プロ注目の捕手・堀柊那選手が2試合に出場、視察した11球団のスカウトの前でプレーを見せた。

スポンサーリンク

打撃は課題指摘

堀柊那選手はこの日の第1試合で、滝川二の149キロ右腕・坂井陽翔投手と対戦し、3回2アウト2塁の場面ではライト前にタイムリーヒットを打つなど4打数1安打1打点に1盗塁を記録した。第2試合は1打数ノーヒット2四球で1盗塁だった。

堀選手は「打球の内容はよくなかったが、チャンスでしっかり1本打てて、盗塁もできた。打てなくてもそういった部分では仕事ができたと思う」と話す。この日は肩を見せる機会がなかったが、「二塁送球も安定してきたので問題ない」と話す。

昨年秋は公式戦44試合で18安打、打率.409を記録した。しかし、大角監督は「体は成長したけど、野球はヘタクソになった。このままではしんどい」と厳しい評価をすると、視察した11球団のスカウトからも「外回りのスイングになっていて、タイミングも取れていない。優勝候補になると思うけど、考えて状態を上げていかないといけないね」と指摘があった。

それでも、阪神の熊野スカウトは「大振りしなくても、しっかりシャープなスイングをすれば飛ぶ。ポテンシャルはある。これからも見ていきたい」とポテンシャルを評価する。冬の間に体が大きくなり、その体を野球の試合で使えるようにしていく作業が始まる。センバツで打撃と捕手としての守備がどんな形になっているのか注目したい。

2024年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツ出場の報徳学園が練習試合 プロ注目の堀柊那捕手4打数1安打「引きつけて打てるように」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇4日 高校野球練習試合 報徳学園6―2滝川二(兵庫・高砂球場) 18日に開幕する第95回記念選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場...

大角健二監督はチームリーダーに「体は成長したけど、野球はヘタクソになった。このままではしんどい」と辛口。「負けん気が出過ぎるので冷静にプレーしてほしい」と注文をつける。ネット裏のあるスカウトは「外回りのスイングになっていて、タイミングも取れていない。優勝候補になると思うけど、考えて状態を上げていかないといけないね」と指摘した。

報徳学園が快勝発進 11球団集結!堀がプロ注目対決で気迫タイムリー/デイリースポーツ online
 「練習試合、報徳学園6-2滝川二」(4日、高砂球場) 高校野球の練習試合が4日、解禁された。昨秋の近畿大会準優勝でセンバツ優勝候補の報徳学園は、滝川二に6-2で快勝した。今秋ドラフト候補の堀柊那(しゅうな)捕手(2年)は、11球団のスカウトが見守る前で4打数1安打1打点。最速149キロのプロ注目右腕・坂井陽翔投手(2...
【センバツ】報徳学園、18日開幕の大会に向け初実戦で白星 プロ注目・堀柊那は2試合出場で適時打&2盗塁 : スポーツ報知
 高校野球の練習試合が解禁され、18日開幕のセンバツに出場する報徳学園(兵庫)は、滝川二に6―2で快勝。2試合目は佐賀商と対戦し、5―5の引き分けに終わった。プロ注目の堀柊那捕手(しゅうな、2年)は2
6年ぶりセンバツ出場の報徳学園が今年初対外試合で快勝発進 堀柊那が滝川二・坂井から適時打 - 高校野球 : 日刊スポーツ
6年ぶりのセンバツ出場を決めている報徳学園(兵庫)が今年の対外試合初戦を快勝し、センバツへ順調なスタートを切った。プロ注目の堀柊那(しゅうな)捕手(主将=2年… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
報徳学園・堀 スカウト11球団大集合に応えるタイムリー!春初戦でプロ注目対決制す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校野球の対外試合が4日に解禁され、第95回選抜高校野球大会(3月18日から14日間、甲子園)の出場校が各地で今年初の練習試合に臨んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント