東海大菅生・日當直喜投手が146キロ、アクシデント降板も2球団が評価

高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

東海大菅生の150キロ右腕・日當直喜投手が浦和学院との練習試合で登板し、最速は146キロを記録、福岡ソフトバンク、埼玉西武の2球団が視察をした。

スポンサーリンク

ソフトバンクスカウトが評価

浦和学院との試合に先発した150キロ右腕の日當直喜投手は、初回は今年習得したカットボールを投げるなど変化球を試した。2回はノーアウト2,3塁のピンチを招いたが、フォークボールで空振り三振を奪うと、次の打者はシンカーで空振り三振、そして次の打者もフォークで空振り三振と三者三振で無失点に抑えた。

「フライでも1点取られる場面だったので、三振がベストかなと思いました」と三振を狙って奪った。全体的には「直球がきていて、変化球も決まった。いい状態で終えられました」と自己評価した。

3回の攻撃で2ベースヒットを打ったあと、けん制で帰塁した時に転倒し、その後、立ち上がれずに担架で運ばれた。そのまま降板となったが、試合後にはキャッチボールを行うなど大事はなかった。「痛みは全くないです。もう治りました。恥ずかしかったです」と話した。

この日は埼玉西武、福岡ソフトバンクの2球団のスカウトが視察し、ソフトバンクの宮田関東統括スカウトは「この時期に146キロなら十分。球速差のあるフォークを投げ分けられていて、精度も高い。高校生で、なかなかここまでフォークを操れる選手はいない」と絶賛した。

190cmからのフォークボールは非常に威力がある。センバツでの投球が非常に楽しみ。

2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の東海大菅生・日当直喜2回0封3奪三振「精度も高い」ソフトバンクスカウトが評価 - 高校野球 : 日刊スポーツ
センバツに出場する東海大菅生(東京)の今秋ドラフト候補、最速150キロ右腕、日当(ひなた)直喜投手(2年)が今季初先発し、2回を被安打2の3奪三振、無失点に抑… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

2球団のスカウトが視察。この日は最速145キロをマークした。ソフトバンクの宮田関東統括スカウトは「球速差のあるフォークを投げ分けられていて、精度も高い。高校生で、なかなかここまでフォークを操れる選手はいない」と評価した。

東海大菅生150キロ右腕・日当直喜投手、けん制球投げて転ぶも「痛みは全くない」西武スカウトもヒヤリ:中日スポーツ・東京中日スポーツ
センバツ高校野球大会(18日開幕、甲子園)に出場する東海大菅生(東京)が5日、昨秋の埼玉県大会で準優勝した浦和学院とさいたま市内で対戦...

フォークだけで数種類という多彩な変化球も武器で、2回無死一、三塁から狙い通りにフォークで3三振を奪った。2イニングを2安打1四球3奪三振で146キロも計測。日当は「いい形で終われた」と振り返り、ソフトバンクの宮田スカウトは「この時期に146キロなら十分。強弱もつけられ、フォークを出し入れできる器用さもある」と力と技術を評価した。

【センバツ】東海大菅生のエース・日当直喜が走塁で転倒するアクシデント 2回降板も大事には至らず : スポーツ報知
 東海大菅生の最速150キロ右腕・日当直喜投手(新3年)が先発したが、3回表に二塁打を放った後、けん制球で帰塁する際に転倒するアクシデントに見舞われた。ベンチに乗せられてグラウンドの外へ運ばれ、3回裏
プロ注目の東海大菅生・日当2回無失点3奪三振 アクシデントで降板もスカウト高評価 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第95回選抜高校野球大会へ出場する東海大菅生(東京)は5日、さいたま市で浦和学院(埼玉)と対戦。先発したプロ注目の最速150キロ右腕・日当直喜(2年)は2回2安打無失点、3奪三振と好投していたが、アクシデントで降板した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント