東福岡・森雄大投手、8回14奪三振!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 2回戦でプロ12球団が視察に訪れた東福岡の森雄大投手が3回戦の浮羽究真館戦で先発すると、8回を投げて許したヒットは2本、与えた四球は1つ、最速146kmを記録したストレートは常時140km中盤を記録し14三振を奪う圧巻のピッチングを見せた。

 ドラフト1位候補左腕が本領発揮で、ますます評価が挙がっていきそうだ。

東福岡・森 11回連続無失点/福岡大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/17

  東福岡のプロ注目左腕、森雄大投手(3年)が8回を無失点に抑え、浮羽究真館に完勝した。この日の最速は146キロ。「1回に二塁打を打たれて、スイッチが入ったみたい。そこから144~5キロの直球を連発してたからね」と葛谷修監督(54)は森の投球を評した。初戦は3回を無失点に抑え、これで夏は11イニング無失点。「最後はへばっていたみたいだけど、この前の投球よりは良かったと思う。あとは変化球をどれだけ落ち着いて投げられるかですね」と同監督はエースの成長に期待していた。 全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをご覧ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント