U18代表・前田悠伍投手がアメリカ相手に6回途中8K無失点、日本ハム・巨人・ソフトバンク視察し日本ハムGMが評価

高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 侍ジャパン 巨人ドラフトニュース

侍ジャパンU18代表はW杯でアメリカと対戦し、プロ注目のドラフト1位候補左腕・前田悠伍投手が5回2/3を投げて4安打8奪三振で無失点に抑える好投を見せた。この試合には巨人、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムの3球団が視察した。

スポンサーリンク

アメリカ打線を抑える

アメリカ打線は4-0で迎えた最終の7回に、安田虎汰郎投手、木村優人投手を攻略し3点を返す。森煌誠投手がリリーフに登板して最後のアウトを奪い、なんとか4-3で逃げ切ったが、アメリカ打線の怖さと共に、先発した前田悠伍投手の凄さを改めて感じさせた。

この日は台風の影響で雨や風も強く、コンディションが良くない状態での登板で、前田投手も球速を140キロ前後に落とすものの、キレが良くコントロールされる前田投手の球だった。ストレートをインコース、アウトコースに真っ直ぐを配球すると、決め球のチェンジアップに球速の緩急をつける。5回2/3で4安打8奪三振無失点、8奪三振のうち、ストレートの三振が4つ、チェンジアップが3つ、カーブが1つだった。

84球を投げた。「米国に投げるのはなかなかできない。楽しもうと思いました」と話し、緊張感は無かったという。変化球を織り交ぜながら打線を抑え、「配球が一辺倒にならなかったのが良かった」と話した。

この日は、巨人、北海道日本ハム、福岡ソフトバンクの3球団が視察した。

北海道日本ハム・稲葉GM:「打者を見て投球ができている。国際大会でも落ち着いて、米国の打者に投げる姿は素晴らしい」

巨人・渡辺スカウト(関西地区担当):「緩急や駆け引きもできる。雨など悪条件に関係なく、結果を残せるのが前田の良いところ」

また、MLBのスカウトは「グッドな投手。チェンジアップやスプリットが特にすごいね」と評価した。

この日の投球でグーンと評価が高くなるということはないと思うが、これが高校1年時にすごかった前田投手の投球で、この内容でアメリカも抑えた所が評価できる。球速なども注目される所だが、前田投手の良さはキレの良いストレートをインコースに投げ、変化球とのコンビネーションで抑える力で、たとえ将来150キロを記録しても、この投球スタイルで勝てる投手になるのではないかと思う。

阪神は春先に前田投手をドラフト1位候補と評価していたと思うが、今もドラフト1位候補ならばこの台湾に視察に来ていたと思う。ドラフト1位候補としている選手をこの時期の投球を視察しないことはない。視察に訪れたこの日の3球団の指名が注目される。

2023年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
侍ジャパンU18代表メンバー(2023)
日本高校野球連盟は、8月31日〜9月10日に、台湾で行われるU18W杯の代表メンバーが発表される。
U18日本・前田 V候補米国斬り!開幕3連勝呼ぶ6回途中無失点8K 視察スカウト陣も絶賛 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高校日本代表が米国を4―3で下し、開幕3連勝を飾った。先発でプロ注目の左腕・前田悠伍投手(3年=大阪桐蔭)が、日米のスカウト陣が見守る前で5回2/3を4安打無失点、8奪三振と快投した。打っては「5番・DH」で出場した森田大翔内野手(3年=履正社)が初回に先制の2点三塁打。終盤に米国の猛反撃に遭ったが、逃げ切った。
【U18】大阪桐蔭・前田悠伍「緊張感なし」5回2/3を8K0封 米国撃破で開幕3連勝 : スポーツ報知
 【台北(台湾)3日=加藤弘士】高校日本代表は米国を4―3で下し、開幕3連勝で1次リーグ(L)突破に大きく前進した。今秋ドラフト上位候補で“世代最強左腕”ことエース・前田悠伍(大阪桐蔭3年)が先発し、
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント