光南・佐藤勇投手、4失点も13奪三振!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 福島大会では光南vs郡山の対戦が行われ、プロ注目の光南・佐藤勇投手は9回を投げて10安打を浴び4失点、13奪三振という内容だった。

 調子としては絶不調だったというが、ピンチでは力強いストレートと伝家の宝刀スライダーで三振に斬ってとり勝利を収めた。

 佐藤投手は春季大会にプロ12球団が視察に訪れるなど、181cmの本格派左腕投手という事もあり注目されている。不調が続くと若干評価に影響するかもしれないが素質は十分でドラフトの指名があるだろう。

光南・佐藤勇“雄星スライダー”で毎回13K…福島大会 - スポーツ報知:2012/07/22

  雄星流スライダーで天下を取る―。最速143キロ左腕の光南・佐藤勇が郡山戦で奪三振ショーを見せた。ピンチになるとキレが増す。初回2死三塁のピンチで4番・本多祐介(3年)からこの日初めての三振を奪うと、1点ビハインドの5回1死一、三塁のピンチでも連続三振斬り。最後の打者も三振に仕留め毎回の13K。2番手で登板した初戦の相双福島戦でも7回10Kで、今大会は16イニングで23奪三振だ。

 10安打を浴び4失点。菅波智之監督(42)が「聖光以外の相手に勇がこんな点を取られたことを見たことがない」と言うくらい調子が悪かった。佐藤も「今日は、球が行かなかった」と語る中での快投には、雄星流スライダーがあった。 全文はスポーツ報知のサイトをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント